上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年5月2日(日)

配属先の所長に誘われ、彼の出身地である郡まで突然の遠出をしてきました。

所長の奥さんとTさん(私の配属先に雇用されている日本人)も一緒。
どうやら目的は、家畜用の井戸を掘る場所を
灌漑技師であるTさんに見てもらうことだったらしい。

マシンガ郡シコモという小さな町?というか村?の奥地の、雑木林なところ。
車で走っても走っても見渡す限り草と灌木しかない。
ポル語で言うまさにMato(英語ではBush)。

なんと野生のゾウの生息地で、足跡がいっぱいあった。
野生のゾウは危険らしいなので、出会わなくてよかったぁ。

彼は本物の狩人。
自転車(サドルの下)にくくりつけられているのは手作り(!)の猟銃。
P5028839狩人

素朴で素敵な民家。そして飼い猫。
このあと夜にももう一回訪れたら家族が焚き火を囲んでいた。
ほかに明かりはなく、これまで見た中で一番満天の星空が見えて感動。
…でもここで暮らせといわれたら正直キツイよなぁ。
P5028803chicomo.jpg P5028807にゃんこ

集落では男性も女性も集まって地酒を飲んでました。
「マルコアーダ」と呼ばれているそうで、とうもろこしを発酵させたもの。
ビン一杯で5mt(約15円)。
怖いものみたさで味見させてもらいましたが…
どろりとしててすっぱくて、ちょっと砂っぽい。
うーん…悪酔いしそうなことこの上なかった(笑)
P5028817マルコアーダ

ド田舎を見るいい経験だったけど、すごく奥地だったため帰宅は夜の22時…。
昨日も祝日行事と結婚式で出ずっぱりだったし、
今日も朝から夜まで外出で、クタクタ…。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。