上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年4月22日(木)

サルヴァサオンの女性グループでのかまど作りの日。

今日はエレナさんちのかまど1基のみの予定でした。
でも今日お葬式があるから、家ではできないと朝に連絡があった。
教会で作ってくれたら後日家に持ち帰るとのこと。

私としてはエレナさんちのかまどはエレナさんにも参加して欲しかった。
自分で作ったものだ、というのは自慢になるだろうし、愛着も湧くだろうし。

でも、他の女性たちとしては、
「都合のいい日を待ってたら時間だけがどんどん過ぎちゃうから、
私たちが彼女の分作るわよ!」ということらしい。
エレナさんもそれでOKみたいだし…。
うーん。女性たちの気迫に押されて、結局作ることに。

とはいえ、今日は3人のみの参加。ちょっと少ないなぁ…。

でもマプトにある同系列の教会の神父夫婦が、
ちょうどサルヴァサオン教会に立ち寄ったところだった。

改良かまどをやっているという話をしたら、興味を持ってくれたので
実際にかまど作りの様子を見てもらった。
「こういうのを普及しようというアイデアは私たちにはこれまでなかった!」
「マプトでも薪を使っている人はまだ多い。必要とされている」
「さっき作ってた女性たちが薪が本当に少しで済むと言ってた」
と興奮気味に言ってくれて嬉しい。

マプトに行ったら彼らの教会も訪問することを約束して別れた。

こういう偶然の出会いで、活動に興味を持ってもらえたり、
広がりそうだなと感じるときはやってきてよかったなぁって思う。

P4225092使ってくれてる P4225113かまど
(左)一番最初に作ったかまどは、神父さんの自宅で使ってくれてた!
(右)今日の作成風景。女性たちはもうすっかり手つきが慣れています。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。