上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年4月19日(月)

同僚と一緒に、OMM女性グループで野菜の種まきのデモンストレーション。
女性たちには7時半に「スタート」するから遅れないでね、って念を押していて
彼女たちは割とちゃんと来ていたにも関わらず、同僚が遅刻・・・orz

今日はレタス、ケール、たまねぎ、キャベツの種まき。

土をならして、10cm間隔で溝を作り、そこに種をパラパラと・・・
って、おーい!みんな計画性なさすぎ!!

種を受け取った女性たちは、思い思いの溝から種を蒔き始めようとする。

普通さぁ、端から順番にやらない??
そうしないと次植える種のスペースがなくなっちゃうでしょ?
下手したらレタスとたまねぎの苗がぐちゃぐちゃに混ざっちゃうよ?(@_@;)

日本人の常識的な感覚が通用しない国、モザンビーク(笑)
モザンの畑はいろんな野菜がごったまぜになって植わっています。マジで。

あわてて女性たちの手を止めて、
「他の種と混ざるから、こっちから順番に蒔いていこう」と言ったものの、
聞いていなかった人がいたと見えて、たまねぎとキャベツの種の列が
ちょっと交互してしまった箇所ができてしまった(^^;)

そして私が考えていたよりもかなり多くの種をまいていた。

私が想像していたのは、一つの苗床(2mx10mくらいかな)を4つに区切って、
そこに必要な種の量だけ蒔くというイメージだったのですが、
彼らはありったけの種を使うかのごとく、苗床を増やしてまで蒔いてました。
おかげで各作物によって苗床の面積もばらばらで、苗床も飛び地になってしまった。
そしてそんなに定植するスペースないよ??って感じですが・・・。

同僚と事前に詳細の打ち合わせしておかなかったことを猛反省・・・(^^;)
なんかハラハラしっぱなしのデモンストレーションでした。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。