上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年2月10日(水)

愚痴三連発①、②のことにイライラしながら畑へ行き、
一人で必死で草抜き。一人でやる畑仕事はまじしんどいです。
ようやく終わって、フラフラ状態でさあ帰ろうと思ってるところへ、
住み込み実習中の農業学校生が一人やってくる。

「ちょこさん、このまえみんなに写真を撮ってあげたでしょ?
あのとき私、病気で実家に帰ってていなかったの・・・。
ねえ、お願い。私の写真も撮って。お金払うから。
ね、ね、お願い。いいでしょ?」

「でもあなた今月中には実習終わって郡に帰るんでしょ?
私今週末から旅行で帰ってくるのは3月だよ。
それに現像できるのはマシシ(対岸の町)だけ。
仕事があるから平日はマシシへは行けないから今週中は無理じゃん。
どうやって受け渡すのよ。無理でしょ・・・」
(↑正直めちゃ疲れててそれどころじゃない。)

「だれかここの従業員に預けてくれたら、いつか取りにくるから。
ねーお願いよ~~~~」

「あーはいはい、考えとくから・・・」
もう体力が限界で、返事するのもしんどくて、さっさと畑をあとにしました。

たかが写真1枚と思うかもしれないけど、今日初対面の彼女のためだけに
写真を撮ってあげて、彼女が欲しいものだけをUSBフラッシュに移し、
マシシへ船で渡って、写真屋さんに行って、現像するのを待って、
現像した写真をまたここまで持って来て、誰かに預けるわけでしょ?
あーーー面倒ーーー。私ってケチなのかなあ。(-_-;)

私がイラッとするモザン人の口癖は、
「Estou a pedir」=「おねがぁ~い」ってニュアンス・・・。
これ、直訳すると現在進行形の「私はお願いしています」。
なんていうか、自分のことしか考えていないような子どもっぽい
ニュアンスに聞こえてしまってどうも苦手。
普通、お願いしますは「Por favor」が丁寧な言い方なんですが・・・。

通りすがりの子どもがよく言って来るのは
「Estou a pedir mil」=「1メティカイス(約3円)ちょうだ~い」
  ※milは1000という意味なんですが、数年前にお金の桁が
   3桁切り捨てになったため。今でも慣習的に1mtのことをmilと呼ぶ。
「Estou a pedir o pão」=「パンを恵んで~」
「Estou a pedir o doce」=「キャンディーちょうだ~い」

農民がよく言ってくるのは、
「Estou a pedir a semente」=「種ちょうだいよー」←種も買えなくてどうやって農民やってんのさ。
「Estou a pedir o regadio」=「灌漑施設ちょうだい」←そんなに面積ないじゃん!

いらない商品を売りつけようとする店員は、
「Estou a pedir...」=「ねえ、頼むから買ってよ~」←じゃあいい商品を揃えろっつーの!

モザン人はとりあえず頼んでみるか、という感覚がある。
特に外国人に対してはすごく気軽に、お願~い、って言ってみる。
お願いしてもしもらえるもんならラッキー♪という感じ。
それなのに断ったら「チッ」と舌打ちされたり、逆切れされることもあって、
まったく筋の通らないお願いをされた上に、不愉快な思いまでさせられる。

普段は「Chinês!」「China!」「チンチョンチャ~ン」「アチョー!」とか言って
馬鹿にしてくるくせに、お願いすることだけはいっちょ前なので、呆れます。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。