上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年2月10日(水)

今日はむかつくことがいっぱい!!でした。
この場を借りて発散させてもらいますm(_ _)m
基本的に文句だらけなので、読んでも楽しくないかも、すみませんf(^^;)

今日は同僚とネリカ米の畑に行って、草抜きとかかし立てを行う予定でした。
朝、同僚が忘れていないか心配だったのでわざわざ
「今日いける?」とメールしたら、「もちろん!」との返事。

で、私は畑行く気マンマンで完全に畑仕事の格好をして配属先へ。

そしたら同僚は、マプトからのお客さんが来るから行けないと言い出した。
お客さんが何時に着くのか知らないし、今日は着くだけなのか
一緒にどこか視察に行くのかすら分からない、とのこと。

どうして責任者である課長に聞かないのだろう?
ま、聞いたところでどうせ課長も知らない、と言うんだろうってことは想像がつく。
どうしてモザン人はみんなそういうことを確認しないんだろう。
ある程度の時間や日程が分かっていれば、他のこともできるのに。
もし午後に着くんなら午前中には一緒に畑にいけるのに。

しかも昨日の時点で今日お客さんが来ること分かっていたのに、
今朝のメールの時点で忘れていたんだとか!
今日の予定くらい把握しといてよー、ほんとがっかり。

この同僚、前からこういうことが多い。
「一緒に畑に行って、仕事をしよう!いつでも手伝うよ!」
と威勢のいいことを言うわりには、当日になったら
「あ…この仕事を先にやらないといけないんだ」
とか、
「車がないからいけない。ドトーラ(大卒女性の敬称で、私への呼びかけ)が
シェフィ(課長)に頼んで車を手配してくれ」
とか都合のいいことばっかり言う!

一緒にやる名目になっているネリカ米の畑にだって、
彼は1回しか来たことがありません!!

悔し紛れに、
「O trabalho em Moçambique pá!Como assim?Não conseguimos NADA!」
(まったく、モザンでの仕事ってやつはどうなってんの?仕事にならない)
って言うと、同僚みんなして
「É dificil não é?」((モザンの仕事は)難しいんだよね?)
と言って笑うのがまたむかつく。
お前らのことだっつーの!笑ってる場合か。

今日も、もういいよ、と結局一人で畑仕事して来ました。
P2090965雑草
一人で雑草を抜いた畑。かかしは今日は体力的に無理。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。