上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.30
2009年12月30日(水)

今日は配属先の年末セレモニーの日でした。

朝はイニャンバネ州知事もゲストに呼び、
各郡の農業事務所に普及員用のバイクとトラクターの贈与式。
午後は、去年から今年にかけて新しい役職をもらった人や、
新規で雇用された職員たちの就任式(?)と、
今年1年の総括発表やってました。

R0019231トラクターに乗る州長 R0019239ダンス R0019247就任式
(左)トラクターの試運転をする州知事  (中)歓迎の踊り (右)就任式

夜は飲めや食えや踊れやのパーティー。

最初は他の普及員たちと一緒のテーブルに座ってたら、
パーティーの取り仕切り役の人に呼ばれ、
課長クラスが中心になってるテーブルにつかされた。
でもまあ親日的な人もいたからまあいいやと思ってたら、
またしても取り仕切り役に呼ばれ、
「やっぱりあなたはあそこに座りなさい!」

なんと局長(配属先のトップ)とその奥さん、そしてご偉い肩書きの上司
たちが並ぶ一番正面のテーブル(↓)を指さされた。
R0019263会場
(一番手前に写っているテーブルです)

えーーーいやだ~~~
私なんかじゃなくて、農業課長とか普及課長のがいいよ~~
と拒否したけど、結局連れて行かれてしぶしぶ着席。

普通の普及員の同僚ならありえない席次。
しかも課長らでさえ普通のテーブルに座っている中、
私は局長と同じテーブルって、肩身狭すぎ…。
他のテーブルの人たちが、バイキング式の料理を取るために
長蛇の列を作ってる時に、私はテーブルの上に所狭しと
並べられた料理から、好きなものを好きなときに盛る…。

これってつまり、私は「外国からのお客様」って見なされてるってこと。
モザン人同僚に比べても全然仕事もまともにできてないのに、
こういうセレモニーの場では祀り上げられるのって、すごく違和感。
私は他の同僚たちと同じに扱って欲しいのにな~。
ちょっと居心地の悪いパーティーでした。

でも料理はおいしくて、(食後のケーキは甘いだけの微妙な感じでしたが…)
そのあと同僚らとすこし踊ったりして、21:30くらいにバイクで帰宅。
R0019275ケーキ
残念な味のケーキ…

今日はもちろんノンアルコールです。
モザン人はあまりアルコールは強要しない文化みたいでありがたい。
「飲む?」といわれて「んー今日はやめとく」と言うと「なんだーそっかー」てな感じ。
そもそも飲めない、という人も割といるように感じます。
うちの配属先だけか??

なんかまとまりのない文章になってしまった。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。