上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月13日(金)

他の州で活動している村落開発普及員Nちゃんの活動を見に行ってきました!
彼女の活動先はガザ州シブト郡のミレニアムビレッジというところ。

今回彼女は改良かまどの講習会を実施。
当初15人の予定が、参加希望者がどんどん増えてなんと40人に!

まずはNちゃんが現地語で挨拶をしたあと、
現在の三つ石かまどの問題点を描いたイラストを見せて、
ポル語で説明をして、カウンターパートのモザン人が現地語に通訳。
「煙たくて料理が大変!子どもも目が痛いって泣いてる!」
「薪を何回も取りにいかなくちゃいけない。子どもがまた泣いてる!」
「料理ができるのが遅い!もう14時なのに、まだできない!」
ユーモアたっぷりの表情、動きで笑いが起きる。
IMG_8260かまど1

そして、「この問題がある人は?」の問いに、みーんな手を挙げた。

じゃあ改良かまどにしたら、どんな風に解決するか、これもイラストで説明。
Nちゃん、イラストもうまくてすごく分かりやすい説明でした。天晴!

いよいよかまどの作成。
泥に水を加えて粘土を作り、団子状に丸めます。
で、板で作った枠の中に、焚き口となる木枠と、バケツを置いて、
ひたすら粘土団子を投げつけていく!
IMG_8287泥団子 IMG_8289かまど2

Nちゃん「だんなの愛人だと思って思い切り~!笑」

途中粘土が足りなくなり、急遽2口かまどから1口かまどへ変更したけど、
ちゃんと煙突となる竹も差して、かまどが完成しました!
所要時間は1時間半~2時間くらいでした。
IMG_8326かまど4 IMG_8311かまど3完成

作業の最後に、Nちゃんとおばちゃんたちは一緒に仕事歌を歌って終了。

講習会に参加したおばちゃんたちも楽しそうに作業をしていたし、
「明日にでも作りたい」という声が挙がっていたらしく、大成功だったと思う。
見に来て良かった~!
講習会の進め方の勉強にもなったし。
来週には、ブロックやセメントを使ったもっと大型のかまどを作る予定だとか。
「来週も来てくれる人は~?」の問いに、手を挙げるおばちゃんたち。
IMG_8315かまど5

Nちゃんは2年間の隊員活動を終えて、今は短期隊員として派遣されている。
戻ってきてまだ1ヶ月くらいなのに、もうかまどの講習会を成功させた!
彼女は現地語もしゃべれるし、行動力と明るさ、そして頭の回転は人一倍。
いやーほんとすごい。
私なんて1年半ここにいて、かまどの試作ばかりのらりくらりやってる。
Nちゃんの活動を見ていると、パワーももらえるし、自分の活動に焦りも感じる(笑)
私も頑張らなきゃな~!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。