上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.28 大統領選挙
2009年10月28日(水)

今日は5年に一度のモザンビーク大統領選挙の日。

ということで今日は仕事はお休み。
モザン人の皆さんは投票に行かないといけないけど、
選挙権のない私にとっては普通の休日で、ラッキー(笑)
JICAからは選挙会場などの混乱がある場所などへの
外出を控えるようにとのこと。

朝、テレビをつけると、現大統領であるゲブーザ大統領が
投票するところを生中継で放送してた。

黒塗りの立派な車が投票所の前に横付けされて、
そこから出てくるゲブーザ大統領と、その夫人。
投票所までの通路では、選挙管理委員会(?)の人たちが
ずらっと並んで、通過する大統領と一人ずつ握手。

投票所の中では、まず身分証明書の提示。
「アルマンド・エミリオ・ゲブーザさんですね?」と選挙管理委員。
分かりきってるのに、決まりにのっとって確認しているのがちょっとおもしろかった(笑)

そのあとは投票用紙の書き方について説明が行われ、
投票用紙を受け取ったゲブーザ大統領は、ついたての向こうの記入台へ。

投票所には何人もの選挙管理委員と、外国人で構成されるオブサーバーの姿。
オブサーバーは、選挙の不正がないかを監視する役目…らしい。
日本では外国人オブサーバーなんて見ることがないので新鮮。

そして投票用紙を、投票箱に入れたあとは、
右手の人差し指を、紫色の特殊なインクの入った瓶の中に浸す。
これが投票を終えたという証らしい。
で、その紫に染まった指をカメラに向けてぐるっと見せたあと、
ゲブーザはにこやかに投票所を後にしていました。

私たちは普段投票の手順や様子を見ることができないから、
テレビでこうやって生放送してて見れたのは面白かった。

さて選挙結果は11月12日発表予定。
まあ結果は・・・おそらく今の政権続投だろうと分かりきっていますが(笑)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。