上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月16日(金)

モザンに視察の旅に来ていたお母さんたちを見送り、
翌日14日に任地イニャンバネにはシャパ(乗り合いバス)で8時間かけて帰ってきた。
15日まで休みもらってたし、明日はゆっくり・・・と思ってたら、配属先の所長から、
「16日にマシンガ郡で農繁期の始まりのイベントがあるから、15日に同僚らと行け」
とのお達し。
ああ・・・しんどい・・・けど、しょうがないので15日にマシンガ郡に行くことに。

8時に配属先を出発すると聞いてたのに、出たのは12時。
まあ、待たされるのはもう慣れましたけど(苦笑)

夜は同僚らとレストランに行くも、料理出てくるの遅いわ、出てきたと思ったら同僚が文句つけて暖めなおさせたりするわ、ようやく食べ終わったと思ったら、席をはずしてた上司が帰ってきて食事を始めるもんだからみんなでそれを待つわ、結局食事だけで3時間くらいかかりました。
早く寝たかったのに~~。


さて、今日のイベントは「Lançamento da Campanha Agrícola 2009/2010」。
つまり、2009年10月~2010年2月頃までの雨期(農繁期)を盛り上げるべく、イニャンバネ州各地で毎年開催されるイベントの、まさに封切りイベント。
さらにこれから各郡で、農業資材販売イベント(Feiraと呼ばれている)も順に行われます。

で、今日は、朝7時ごろから会場へ。ちなみに朝食抜き…。
(※モザン人は朝早くにご飯を食べる習慣があまりないので、私一人だけ食べるのがなんとなくはばかられてできなかった。)
会場は、マシンガ郡農業事務所の隣の広場。
そうかと思えばまずは会場から離れたところにある職業訓練校で
農業副大臣が植樹するというのでまた移動。
ちなみにうまいこと同僚の車に同乗できてよかった。

植樹が終わったと思ったら、なんとさっきの会場まで全員で行進するとのこと!!
ま、ま、ま、まじでーーーー!!
2kmくらいはあったで・・・しかも、もう9時過ぎてて日差しかなり強いんですけど。
でもしょうがないので歩きました。
後半は疲れててふらふら。朝食食べてなかったし…。

R0017304農業副大臣の植樹 R0017314行進
左:農業副大臣の植樹。ブーツはいててなんだか滑稽。
右:植樹後の、疲れただけの意味不明の行進。

会場ではお偉いさん方の挨拶やら、地元のダンスチームの歌と踊りがあって、その後は地元産の野菜を販売する農民のブースや、農業資材屋さんの種や農機具を販売するブースで自由に買い物できたので私も自分で食べる用のたまねぎやピーマン、じゃがいもを購入。
R0017368野菜販売ブース

さらに前にマシンガ郡に米の視察に来た時に訪問した農家さんがいて、あの時採れた米を販売していたので1kg買おうとしたら、1kg追加でおまけをしてくれた!
私見に行っただけで、なにもしてないのになぁ。
でも嬉しかった。ありがとう♪

あと、自分で育てたとうもろこしの種を売ってるブースを発見。
地元では有名な農家さんらしく、自分が育てたとうもろこしをみんなにも育ててもらいたいとのことで種として販売していた。
彼は見かけは浮浪者かと思うような風貌でひげぼーぼーだったけど、しゃべるとなんだか魅力的な人だったので、種を1kg買ったら、とうもろこし1本おまけしてくれた。
ありがとう♪
R0017349とうもろこし農家さん

その後女性組合の人たちが作った昼食が振舞われ、食べたり飲んだり歌ったり踊ったりが続き、結局会場を後にしたのは16時ごろでした。
1日中あまり座ることもなく外にいたので、もうぐったり。

R0017375がきんちょ R0017394メルカドの歌グループ
左:「じゃぽねーしゅ!(日本人)」と言って嬉しそうにそばをうろうろしてたがきんちょ。
右:近くの市場で店をしている女性たちで結成している歌グループ。素敵。

去年は先輩隊員も一緒に行ったので日本語でしゃべったり一緒にブースを回ったりできましたが、今回は日本人は私一人。
ここ1週間ほどほぼ日本語オンリーで過ごしていたため、ポル語が聞き取れないしうまくしゃべれなくなっててちょっとへこんだ。
ブースを見て回ったり、伝統の踊りを見たり、そのへんの子どもたちと交流するのは楽しかったけど、それ以外の時間が結構一人で暇を持て余して居心地悪かったなぁ。

最近ちょっとネガティブ思考なのでいかんですな・・・。

週末はようやく家でゆっくり休めるー!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。