上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年9月30日(水)

お金をちょうだい、と言われるのはいい気分ではない。
今日は2人も言われた。

1人目は、見積もりを取りたくて入ったお店で。
レジの前に並んでいたおじさんが私を見るなりいきなり、
「10メティカイスちょうだいよ。足りないんだ」

はあ?

全く見ず知らずのおじさんがですよ!?
しかも全然深刻そうな様子ではない。
こいつ、絶対お金持って来てるくせに、たかってる。

「なんで私が払わなきゃならんのじゃ。払うか!」
ってなことを言ったら、
「なんでダメなんだよ、酷いやつだなぁ、払えよ~」
なんで?こっちが聞きたいわ、ボケ!!!


2人目は、この前かまど作りをした組合に所属してる女性。
携帯にワン切りがかかってきたから、かけ直したら、

「携帯にお金が入ってないの。組合に電話したいんだけど、5メティカイス送って」
※モザンの携帯はプリペイド式。そして自分の携帯に入っているプリペイドの一部を、メールで他の人に送って贈与することができます。

今度は見ず知らずの人じゃないけど、一回しか会ったことのない人。
初対面で電話番号聞かれたときに、ちょっと嫌な予感はしていた。
だって、そんなに仲良くなってたわけじゃなかったから。
電話番号聞いといて、お金貸してとか言うんじゃないだろうな・・・と。

予感的中。

「私はお金は人にあげないことに決めてるの。
しかも私と仕事の話をするためにかける電話じゃないんでしょう?
組合にかけたいんなら、組合の人に頼むべきことで、私にそれを払う責任はありません」

と言ったら
「え~そんなこと言わないでよ~、お金ないのよ~。
たった5メティカイスだから。ね、ね、お願い!いいでしょ?」

みたいな感じ。かなりしつこかった。
5メティカイス頂戴という用件を話すために、5メティカイス以上の通話料を浪費させられたことは確実。
結局、「あげない」の一点張りで、彼女もそのうち諦めてくれた。

そりゃ、5メティカイス(20円)とか10メティカイス(40円)とか、
私にとっては大したことない金額です。
あげようと思えばいくらでもあげられるし、惜しいとも思わない。
でも、それを簡単にあげてしまうことは、その人たちにとって絶対によくないことだと思う。
外国人に頼めばお金はもらえるものだ、という甘い認識。依存心。
それはその人から自助努力の意識を奪い、ひいてはこの国の発展を阻害するものだと思うから。

「お金ちょうだい」

大人から言われることも、子どもから言われることもある。
でもその度に、断って悪いなと思いつつも、腹立たしくて悲しい気持ちになります。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。