上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月23日(月)、24日(火)

協力隊の新規要請開拓のために、日本からJICA調査団がやって来ました。
イニャンバネでは主に農業系の要請と、教育系の要請を挙げたいとのこと。
いくつかの農業郡事務所を廻るというので、私もちゃっかり同行させてもらいました。

今まであまり郡事務所には縁がなかったので、所長さんや普及員にも
会えたし、どういう活動をしているのかを知るいい機会になりました。
イニャンバネの10の郡と2つの市のうち、2日間で7事務所。
(Zavala、Inharrime、Jangamo、Maxixe、Homoine、Morrumbene、Massinga)
RIMG9880SDAE.jpg

どこの事務所でも共通だったのが、

「灌漑技師が欲しい」

「野菜や農産物保存の知識を持った人材が欲しい」

やはり農業に直接関係する技術を持っている人材が求められてるんだなぁ。
でも農業土木や野菜職種での協力隊の応募者がそもそも少ないそうで、
要請として出しても、派遣できない可能性が大きいらしい。
その点村落開発普及員だと応募者数も多いから、
今回は村落で要請を出してもらうように話がまとまった。

今から要請がすぐに出たとして、早ければ来年1月以降には
派遣の可能性があるそうな。
モザンビーク全体の農業系隊員は今4人しかいないし、
イニャンバネ隊員もどんどん少なくなってきてるし、
イニャンバネに農業系隊員が入ってきてくれると
すごく嬉しい!!早く来い来い♪
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。