上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月22日(月)~23日(火)

首都マプトで、農業系隊員7名で分科会がありました。
1日目はガザ州シブトで活動中の村落開発普及員と、農業土木隊員の現場を視察。
2日目はマプトで全員の活動状況報告など。

現場視察では、車を貸しきって約4時間の場所にあるシブト訪問。
イニャンバネの、ヤシの木がずらあーっと立ち並ぶ景色とは全く違う!
CIMG5419.jpg

シブトではUNDPが援助しているミレニアムビレッジという
モデル村を視察させてもらい、養鶏の様子や畑の様子、
モリンガという植物を見せてもらったり。
このモリンガという植物がすごい!!写真はモリンガの実と種。
RIMG6905.jpg

栄養もあって浄水作用もあるということで、興味が湧いた!
浄水作用というのも、種を砕いた粉をよどんだ水に入れて数時間待つだけなんだとか。
実際に浄水中のバケツを見せてもらい、上澄みがほんとに綺麗でびっくり!
写真はモリンガと使った浄水中のバケツを見せてもらっているところ。
RIMG6900.jpg

ここで活動中の村落隊員によると、マラウィなどではすでに商品化されているらしい。
こういう植物に注目できる彼女のアンテナの高さに本当に感心する。
イニャンバネでもやってみたい!!

もっといろいろ質問できたらよかったんだけど、
視察前の下準備とか心構えが全然できていなくて
質問できなくてもったいなかった。反省・・・。

昼食にはシブト名物の豚肉♪

あと、午後には農業土木隊員が掘っている井戸や水路も見せてもらった。
車が入れる場所から現場まで、結構距離があって、しかも日差しが暑くてばてばてだったけど(^^;)

2日目は他の隊員の近況や、昨日の視察の感想や反省、前回の分科会からの課題についてや、次回の分科会に向けての話し合い。
みんなの活動内容を知れたり、アドバイスしあったり、各任地の情報を交換しあったりと、とても勉強になりました。

今は農業系が7名いるけど、1月上旬に1名任期終了、3月に2名、6月にさらに2名と、どんどん減っていく。
しかもその間に赴任する予定の農業系は1名だけ・・・。
つまり、次の分科会(たぶん7月?)には農業系隊員たったの3人!!
さ、さみしい~~。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。