上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月19日(金)

今日は灌漑システム講習会の最終日でした。
講習の内容は昨日までで全部終わっていたので、今日は参加している
技師や普及員たちの簡単な活動紹介と経験交換の場に。

私もなんかしゃべった方がいいのかなぁとか思ったけど、
ポル語も自信ないし迷いに迷った・・・。
でも、他の参加者の話が一通り終わったところでしゃべれそうな
タイミングが来たので「えーい!」と思って思い切ってしゃべることに。

私の活動の目的は、どんな方法でもいいので農民の生活をお手伝いすることで、
今Agro-turismo(農産物を観光分野へ販路開拓する)とか、
農民の組合活動(農産物加工とか手工芸)に興味を持っている。
でも私は外国人で現地語しゃべれないから、農民や組合と知り合うのはとても難しい。
だから、もしAgro-turismoや組合でいいアイデアや情報があればぜひ教えて欲しい。

というようなことを言った。
まじで緊張したーーーー!!!(><)
30人くらいものモザン人の前で、怪しいポル語でしゃべるなんて初めてやったし!
声震えたし、何回も詰まったし、途中単語分からなくなったりもした。

でもなんとなくみんな分かってくれたのか、(きっと分かろうと努力してくれたのね・・・☆)
講習会が終わった後に、
「たくさん農産物を作ってる郡や組合は知っているから、可能性があると思う。
また今度ゆっくり話しよう!」
と言ってくれる人がいたーー(T□T)

どきどきしたけど、言ってよかった。
ポル語が下手でも、とにかく自分のやっていること、したいことを
アピールしていくことが大切なのかも。
すぐに実現するのは難しいけど、一人でも共感してくれたり、
少しでも私のことを頭の片隅に留めておいてくれる人がいたら
いつか情報やネットワークにつながるのかもしれないと思った。

あーでもドキドキした。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。