上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月12日(金)

午後、イニャンバネにあるTOFOというビーチで、観光客対象にアンケート調査した。
イニャンバネの農産物に対する印象とか、期待するものとかを知りたかったというわけ!
ただでさえ人見知りなのに、観光客のほとんどはポル語がしゃべれないので、
苦手な英語でアンケートの目的とか説明しないといけなくてしんどかったー(´_`;)
私のぐだぐだな英語はほんと恥ずかしい限り。
でも協力的な人が多くて助かりました。

前にも1回やったんだけど、それと合わせて今日で35人のデータが集まった。
野菜よりも、マンゴーとかパイナップルとかの果物に対する評価が高いみたい。
野菜でも評価の高いものは、たいがいイニャンバネでは作っていないトマトとか・・・。

イニャンバネの環境では質のいいトマトとかじゃがいもを作るのは難しいと思う。
大規模な農業資材投資を入れたらできるかもしれないけど、
モザンの小農家には到底無理だと思うし、リスクも大きい。

あくまでも観光客に直接販売することを考えた場合は、
新しい野菜を導入したり、野菜の質を上げることよりも、
今評価されている果物の質をあげたり、
果物を利用した商品開発をしていった方がいいのかもしれないと思った。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。