上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月29日(土)

モザンに来て早5ヶ月。
任地のイニャンバネに来て早3ヵ月半。

最近JICAにバイクの使用申請をしているのですが、
2回続けて「再提出」と言われました・・・orz
というのも、申請理由が不十分だからとのこと。

JICAとしては、途上国の交通事情で、隊員にバイクを貸与するのは極力控えたいという考え。
今までにも交通事故で亡くなった隊員さんもたくさんいるのは私も知っている。
本っっっ当に必要な隊員にのみ限定して貸与しているようです。
で、モザンビークには今30人の隊員がいるんですが、バイク貸与は2人だけです。
3人いる村落開発普及員のうちの1人と、私と同居してる野菜隊員の先輩。

私が申請した理由は、
農民の会合に出席して、継続的に対話したりプロジェクトを立てたい。
農民の会合は朝の7時や土曜日の午後などにあり、配属先が休みで車を使えない。
平日であっても、配属先の車は燃料がないとか予定が急に変わったりで計画的に使えない。
公共交通機関のシャパは運行が不定期で本数も少ない上、国道沿いのルートしかない。

「再提出」になった主な理由としては、
なぜ農民の会合に「継続的」に出席する必要があるのか?ということ。
確かに、そこは私も甘いなと思った点なので、指摘されてちょっと痛かった。

でも、今の私の状態ではそこまで詰めて考える状態に至っていない。。。
というのも、これまでにイニャンバネ市の市街地近郊に所在する
農民組合はいくつか知っているし、メンバーと仲良くさせてもらっている。
農民の問題点としてよく耳にする「農機具や種、肥料がない」「お金がない」
「農業の技術が不足している」といわれても、
私個人には提供できる資金も、資材も、知識や技術すらない。
農業知識と技術と経験を持った同僚らにかなうはずもない。
村落開発普及員として、私には何ができるのか。
どんなプロジェクトをしたらいいのか。誰に相談してどうやって進めるのか。
そこまで考えないと、「どうして継続的に農民の会合に出席するのか」という
理由には明確な答えができない気がします。
でもそれを考えていると2年終わってしまいそうな気もします・・・。

自分で仕事を見つけていかないといけない村落開発普及員の難しさ・・・。
悩みは尽きそうにありません。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。