上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■銀行口座開設までの道のり ~その3~

8月14日(木)

さっそくFinancaに行ってみると昨日のおばちゃんがいない!
他の職員に聞くと別の部屋でお茶してるらしい。オーイ!(笑)
しばら~く待ってる帰ってきて、「あ、できてるわよ!」。
とりあえずできていてほっと一安心。

その番号を持って銀行へ。
昨日のお兄さんがいたから、「Tax Noできたよー」(;´▽`)ノ
で、昨日の口座開設用紙を教えてもらいながら記入。
パスポートのコピーと、Dire(モザンの身分証明書)のコピーも渡す。
ドルの小切手と、3000メティカイス(家にもうちょっとあった)を預け入れ手続き。
だいじょうぶかなぁ~ちょっとドキドキ。

少し待ってると、名前、口座番号と金額が書かれた紙をもらえた。
とりあえず無事に入金はできたらしい。
よかったー。

そしたら窓口のお兄さん、
「現住所に住んでいる証明として、賃貸契約書を持ってきて下さい」
へ~~!?先輩が住んでる家に私が転がり込んだから、
契約書があるのかとか、どういう契約になってるか良く分からん!
あたふたしてると、
「DPAから一筆書いてもらうのでもいいですけど・・・」
とのこと。

とりあえずDPAのレターをもらってくることにして、銀行を後にする。
そんなんいるんやったら最初にまとめて言ってよ~(TT)めんどくさー。

DPAの人事課で「こんなんいるって言われたんですけど・・・」というと、
「M(先輩隊員)は口座開設の時どうしてたの?
彼女が契約書を持ってるんじゃない?聞いてみて」

先輩隊員の帰りを待って聞いてみたけど、「ない」とのこと。
それを確認したのはDPAの終業後の時間だったから、続きはまた明日に。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。