上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月7日(金) 晴れ

同僚に紹介してもらって、ホテル組合の組合長に会ってきました。
私の要請内容のひとつが「観光分野への農産物の販売促進」なので、
観光地のホテルとかレストランにアンケートを取ったりしようかなと思ってます。

彼が言うにはイニャンバネの農産物の問題はやはり
取り扱う80%の野菜は輸入品だと言っていた。

彼がレストランで扱ってる南ア産とイニャンバネ産のにんじんを
見せてもらったけど、南ア産は形もまっすぐで色も綺麗。
それに比べてイニャンバネ産は、形はいびつで色も黒っぽい。
イニャのにんじんは自然な形で私は好きだけど、
やっぱり並べたときにおいしそうに見えるのは南ア製。
それに皮もむきやすそう・・・(笑)

唯一それなりに質がいいのはレタスだって。
それ以外はトマトもピーマンもじゃがいももたまねぎも
イニャンバネ産はイマイチみたい(--;)

質を向上させるのが第一条件。
もしくは農産物加工に力を入れて、不恰好さ、小ささをカバーするか・・・。
イニャンバネ産の野菜が観光分野に進出するにはまだまだ道のりが遠そうです。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。