上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月24日(土) 46日目

◆今日の課業◆
<OVデー2日目>
8:45~11:35 ロールプレイングゲーム
13:00~14:50 職種別交流会

午前中にやったロールプレイングゲームがおもしろかった!
OVさん1人、候補生4人のグループで一つの村を想定。
OVさんは村長役、候補生は村長の妻、とか農民、とかの役割がある。
そこへ2人のJOCV役の候補生がやってくる、というストーリー。
これをメンバーを替えて2回やりました。

ちなみに私は1回目は「村長の妻」役。
女性の中では一番の発言力があり、行動力もあるが、
村人たちの抱える問題に気づいていない。

2回目は「ハナの母」役。
学校に行きたいけど行けない12歳の女の子ハナの母親。
貧乏で父親は出稼ぎに行っていて、発言力は弱い。

1回目と2回目とでは同じ村人でも立場が違うから
発言力のある人とない人が同じ会議に出たとしても、
なかなか本音は聞き出せないんだなぁって、やってみて実感した。
それに、どちらの立場にしても、協力隊が村に入って
家を作ったり農作物の改良を行う、となったとき、
受益者に対する妬みの気持ちが起こったことにちょっとびっくり。
お金持ちであろうと、やはり耳を傾けてくれないと不満が出てくる。

JOCV役は状況が分からない村で、どうやって調査をしたり
話を聞いたりするかという点で四苦八苦していて大変そうだった。
でも2回目のJOCV役はとてもうまかった!
まず一人一人の村人を個別に訪問するというスタイルにして、
意見を言いやすくしたというところ。
それから村の特産品になりそうなものをさりげなくほめたり、
子供たちが学校に行けていないという現状をひとまずは認めたり。

誰でもイキナリ来た外国人に、
「これはいけない、あれもよくない」
といわれていい気分はしないと思う。
まずはその村の現状を認めること、口出しせずに把握に努めることが
大事なんだと思う。その先に村人の信頼があって、ようやく活動が
始まるものなんだろうな~。

とてもいい勉強になりました!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。