上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くも3日目。

ちなみに今回の補完研修は大多数が駒ヶ根訓練所メンバー!!
その中でもベナン候補生が多くてなんと9人えぇ
二本松メンバーは肩身狭い・・・(笑)

◆10:00~12:15◆ 協力手法 PCMとPDM(1)

・38名を2教室に分けて、PCMとPDMとは何かを簡単に紹介
 ※PCM=Project Cycle Managiment
 ※PDM=Project Design Matrix

・グループワーク
PCM研修受講経験者がファシリテーター役で1名と、
未経験者&経験浅いメンバーが村人役で3~4名のグループになる。
例題に沿って、PCM手法を利用しながら問題分析を行う。

◆13:30~17:00◆ 協力手法 PCMとPDM(2)

・グループワークの続き
午前の問題分析結果に基づき、PDMの形におとしこむ。
プロジェクト企画書を想定して模造紙にPDM結果を記入する。

・グループごとに発表&意見交換

◆終了後~◆

今日も飲み会をしていたようです(笑)
しかもコンピュータ技術と自動車整備の候補生と合同で!
でも私は買い物に行きたかったので今日は参加せず。うわぁ
さすがに3日目ということもあって、特に女性陣の参加は少なかったみたい?(笑)


今日の研修は頭を使って疲れたけど、面白かった!!
PCMというのは聞いたことはあったけど、実際にやったことなかったし。

今までなら何か問題が明らかになったとしても、ただただ漠然と
「じゃあこれやったらいいんじゃないかな?」と思っていただけだった。そんな事言われても
PCMとPDMでは、問題の原因・結果をきちんと関連付けて、
その上でアクションプランを作成していくという手法でした。
グループで認識を共有したり、ロジックを立てて整理したりする作業を
することで初めて説得力のあるプロジェクトになるんだなぁ~と実感。絵文字名を入力してください

村落開発普及員は任地でこういう手法を用いて、ファシリテーターとして
議論の方向性を導いていかないといけないんだよな・・・。汗とか
結構高度な技術がないと難しいだろうなとも思った。
こればっかりは経験していくしかないんだよね(苦笑)

でも今日はほんとに役に立つ講義だったと思う!!メラメラ
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。