上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在赴任中@モザンビークの先輩隊員さんの話によると、生活費の支給は約400ドル/月だそうです。
私の赴任先のイニャンバネ州は物価が高いらしい・・・泣
まぁ日々の生活はこの400ドルをなんとかやりくりするとして。

任国外旅行をするときや、何かお金が必要な場合、お金をどうやって調達するのか・・・。
先輩の話を参考にさせていただくと、方法は主に3つ。ぽ

1.日本からドル(現金)を持参する。(盗難のリスクあり)
2.赴任後に作るモザンビークの銀行口座に送金する。(手数料が高い。一件につき数千円とか!)
3.海外ATMでのキャッシュサービスを利用して、現地通貨として引き出す。(数%の手数料がかかる)

さらにJICAの国別生活情報で、モザンビークの金融機関情報によると、

★モザンビーク国内のだいたいのATMに、海外ATMマークPLUSがついている。
  (つまり該当するクレジットカードかキャッシュカードさえあれば、3の方法が利用できる!)
★上記の方法で一度に引き出せるのは3,000,000Mtsまで。
★ATMではVISA、Masterのキャッシングが利用可。

ということで私が今のとこ考えているのは3の方法!!

海外で使いやすそうなので、Citi bankに口座を開いてキャッシュカードを作ることに決定sn2
Citi bankのキャッシュカードは”PLUS”マークはもちろん、
他の一部海外キャッシュサービスも利用できるそうです。

私はVISAのクレジットカードも持っているんですけど、ICチップのカード。
磁気では読み取れないタイプなので、これがモザンビークでは通用するのかどうか・・・。汗
セキュリティがいいからと思ってICチップにしたけど・・・
うーん、ちょっと失敗しちゃったかも(笑)

Masterやセゾンなど、一応他のクレジットカードも持っていこうかとは思ってます。
さてさて、実際はどうなることやら!?(笑)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。