上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、三重の赤目で有機米を作っている協力隊OVさんを訪問してきました!

NGO大学で「農業」について発表を行うことになったので、
そのメンバーも一緒に訪問させてもらい、ずうずうしくご飯までいただいたり(笑)
写真はOVさんの作った玄米ご飯です~~sn2
ほっくほくで歯ごたえがあって、おいしかった!!

玄米ごはん


たんぼにも案内してもらった。絵文字名を入力してください
今は農閑期なのでたんぼは何もない状態。

たんぼ


これはケール畑。絵文字名を入力してください
無農薬なので、けっこう草が生えていて、畑全体が青々してる(笑)
あぜ道は土がふわふわ!
私も幼いときは、家の近くのあぜ道やたんぼで遊んだなぁ~と思い出してちょっと懐かしい気持ち♪

ケール畑


OVさんは本格的な農家を目指しているわけではなく、
自分が楽しんでやれるように、そして、多くの人が農業に触れる機会を持てるように、と
大阪から1時間くらいの場所に土地を借りて農業をしているとのこと。
「有機をやらなきゃ!」とか「農業を広めなきゃ!」って焦るんじゃなくて、
楽しいからやる!っていうことを大切にしているんだそうです。はずかちーv

私も一人暮らしをしているから、野菜や食べ物を買うときの基準は
どうしても「安さ」になってしまってる。汗
でもその食べ物がどこで、どうやって作られているかはわかんないのが実情。
この前のメタミドホス入りのギョーザは極端な例だとは思うけど、
安い野菜を作るために使われている農薬が、今は大丈夫でも、将来の
自分自身や子供ができたときにどんな影響を及ぼすかは誰にも分からないうーん
それを考えると将来の自分や家族のためにも、自分の行動には責任を持たないといけないんだなぁ~って。

何事も「自分の意識」が必要!
農業をやるのも、自分がやりたいから。自分が楽しいから。おいしいものを食べたいから。
消費者として食べ物を選ぶときも、自分の健康のために何を大切にしないといけないかを考える。

とっても楽しくて、いろいろ考えさせられた1日でしたキラ

とはいえ、ついつい値段に目がいってしまう私なのでした。(笑)汗とか
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。