上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯科医院に行って、前回の治療経過を診てもらった。
あと左下(←このあと重要になってくる)の親不知のレントゲンも撮る。
このときのアシスタントさん、新人だったのか、どうも要領が悪かった(笑)

親不知については抜く覚悟ができたので、前回先生が言ってた口腔外科を紹介してもらうつもりだった。そしたら、アシスタントさんが一言。

「じゃぁ、今日は右下の親不知を抜きますからねーうさ・笑う


……
…はえぇ!?

「えっ!今日!ですか!?えぇ
いや…あの…口腔外科を紹介じゃ…!?ぐるぐる
抜くって…ってことは明日消毒に来ないといけないですよね??汗とか
ってか、腫れますよね!?ええっ、明日は仕事(接客業)やし、それはまずいです…汗とか
それに、今日このあと教習なんですけど…だめですよねぇ…」

びっくりしすぎてあたふたする私。
前回の話だと、下の親不知は神経にも近いし、骨に埋まってる状態だから
専門の口腔外科で抜いた方がいい、とのことだった。
「次回抜きましょう」なんて、一言も言ってなかったじゃんよーー!!汗とか(笑)
抜くんなら抜くで腫れることを見越して、翌日の仕事の休みも取っておきたいし、何より心の準備ってもんが…。ということで、今日は抜歯しないことに(笑)

そして先生が今日撮ったレントゲンを見ながら、
「うん、右下の親不知なんですけどね、神経にもあたってないみたいですし、
これならうちでも抜けますよ。また次回予約を取ってもらって、抜きましょうか」

・・・ん?今、右下って言いましたよね?

おそるおそる、聞いてみた。
「あの…さっきのレントゲン…左に機械をあててたんですけど…
あれで右の写真が撮れてるもんなんですか??」

先生「…。○○(アシスタント)さん、さっき、右を撮ったよね?」
アシスタントさん「え、左です」

おーーーい!マジですか

再度撮り直し(笑)
今度は先生直々にレントゲンを撮ってくれました。
すると、右下の親不知は根元がちょっとねじまがってる!!マジですか
先生いわく、これだと割って取り出すときにうまく出るかもしれんし、
ひっかかってなかなか出なくて時間がかかるかもしれないらしい。
できないことはないけど、できれば口腔外科の方がいいとのこと。

左の親不知のレントゲンで、右の抜歯をしてたら大変なことになってたかもね…そんな事言われても
あー気づいてよかった。。。

結局、たいしたことない左下はこの医院で次回抜歯することにし、
ねじれている右下は口腔外科に紹介状を書いてもらうことにしました。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。