上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
協力隊へ行くなら歯の治療をしておくように、また、親不知は抜いた方がいいとよく言われる。
理由は一つ。
途上国ではまともな歯科治療ができないから。ガーン
さらに、衛生状態によっては医療器具からの感染症などの可能性もある。
虫歯は病気と違って、治療しない限り、自己治癒することがないんだとか!!

私は協力隊を受験する半年くらいまえから歯の治療を始めてきた。
で、虫歯数本の治療を終え、上の親不知は2本とも抜いた。

が。問題は下の親不知。歯

左右2本とも、ちょこっと頭を見せてはいるが、痛みもないし、
変な生え方もしていないし、今のところこれ以上生えてくる気配なし。
でも抜いた方がいいよな~と思い、この前かかりつけの歯科医院に行って、
協力隊に行くので抜きたい、と相談すると・・・

「うーん。下の親不知は、あごの骨や神経ともつながってるから簡単には抜けないんですよ。
上の親不知は結構簡単に抜けるんですけどね・・・。
(レントゲン写真見ながら)ほら、左の親不知は大部分が骨に埋まってます。
右はそれほどではないですが、念のため、専門の口腔外科で抜いた方がいいでしょうね。
抜くならもちろん責任を持って紹介状を書きますので。」

えーーっ!怖っ!マジですか
とりあえず返事は保留にしたけど・・・。
抜くべき、ですよねぇ。これって。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。