上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年3月29日(月)

今日はなんとなく、私の普段の1日の活動をご紹介します!
私の場合はルーチンワークは少なくて、毎日違う予定をこなしている感じ。
予定が詰まっている日もあれば、なーんにも予定のない日、なんていうのもあります。

今日は予定があった方でした☆

まず、朝一(7:30)にNERICA米の畑へ。
相変わらず鳥にやられてぼろぼろな感じで思わずため息。
それにしても登熟にやけに時間がかかっている。
畑は未だにけっこう緑色。
P3298371nerica.jpg
NERICAの生育データから言うともう収穫も終わっている時期なんだけど。
もう雨季も終わりなはずなのに、3~4日に1回くらい
雨が降っているせいで活き活きしちゃってるのか??

そのあと援助団体ADPPへ立ち寄り。
今日はここの普及員に自然農薬の作り方を何種類も教えてもらう約束。
石けん、ピリピリ、タバコ、そのへんの植物などの汁からの作り方を教えてもらった。
今日は石けん水と、現地語名ロンギロンギ(右の写真)という植物の汁を
水で薄めたものの2種類を作って、敷地内の畑にあるCouve(ケール)と、
私が種を提供して試験栽培しているSoja(大豆)にも散霧してみた。
さて、効果の程は??
P3298391自然農薬 P3298395ロンギロンギ

昼前になっていたので帰宅。
最近ぶり返している暑さのせいか、ぐったり疲れていて
ソファで1時間ばかしお昼寝しちゃった。そのあと昼食。

14時から約1時間半、OMM女性グループで農業講座3回目。
今日は講義をしていくれる同僚が一人しかこれなかったし、参加者も5人しかおらず
ちょっと盛り上がりに欠けたけど、まぁまぁまぁこんな日もあるさ(^^;)
P3298415農業講座

で、そのあとは家に直帰。
今日は配属先に顔を出していません。←ダメ隊員です(笑)

こんな感じの1日でした。
スポンサーサイト
2010年3月27日(土)

のんびりした週末。
今日はマシシでお買い物。
でも目当てのお店2つとも停電のため営業しておらずorz

でも今日は一眼を持ち歩いていたので、
いろんな写真を撮れて満足な1日でした☆


(↓)行きの渡り舟。船頭さんがおじいちゃん!!素敵すぎる。

P3272825船頭

(↓)水を浄化する薬品の広告看板。
「"Certeza"(←商品名)があれば、あなたの水を綺麗にするのはとっても簡単!
いつも"Certeza"を持ちましょう。」と書いてあります。
後ろの美容室の壁の絵にも注目(笑)

P3272833certeza.jpg

(↓)露天。本当にこまごました日用品をちょこまかと売っている。

P3272835露天 P3272844露天2

(↓)芸術的な積み方で旅行カバン販売中。

P3272838かばn

(↓)こちらも露天販売のCastanha(カシューナッツ)。
コップ1杯20mt(約60円)。前は15mtくらいだったのに値上がったなぁ・・・。

P3272850かすたーにゃ

(↓)結婚式のご一行に遭遇。花嫁・花婿も荷台です(笑)お幸せに!

P3272860casamento.jpg

(↓)私がカメラを持っているのに気づいて、「ぼくらも撮ってー」

P3272865男の子たち

(↓)帰りの渡り舟の中で見かけたマヨネーズの積荷。この箱、欲しい・・・

P3272897mayo.jpg

以上、自己満写真集@マシシでした~~☆
... 続きを読む
2010年3月25日(木)

先々週にかまどを作ったサルヴァサオン教会で、今日は料理会☆
いい感じに乾燥した2個のかまどを使って、モザン料理のマターパ作りです。
今日は10人の女性とここの教会の神父さんの計11人が参加してくれました。

P3252696ピラール P3252719ララール P3252713籾殻をのぞく

マターパ(キャッサバの葉っぱ)を潰して、
ココナッツの果肉をごりごり削って、
お米に混ざっている籾殻を丁寧に取り除いて・・・
モザン料理は本当に手間ひまかかります。

P3252705点火~ P3252742ふたつのかまど

いざ、点火!!ドキドキの瞬間。

P3252754ダンサール

料理ができるまでは歌って踊って(笑)

P3252763matapa.jpg P3258326いただきまーす

完成!いただきまーす(^0^)
マターパもおいしかった♪

マターパは長く煮込む料理なので、普通の3つ足かまどだと
入れた薪が全部燃え尽きてしまうらしいんだけど、
今回のかまどは薪が半分以上残っていました!!
おばちゃんたちも口々に「確かに省エネかまどだわ」と
言ってくれてて嬉しかった。

今後は3つ足かまどしか持っていない家庭を対象に
順番にかまどを作っていくことに決定!
2010年3月24日(水)

午後、以前同僚に紹介してもらった4人の女性グループとの会合。

14時、集まる約束の家へ行ったら案の定その家に住む2人しかおらず。
40分待ったあと、私が呼びに行って、全員集まったのは15時45分。
モザンに暮らして1年9ヶ月。
わかっちゃーいるけど、この集まりの遅さにはやっぱりテンション下がるー。

このグループは以前に会合したときに裁縫が習いたいということだった。
なので今日は、私がこれまでに集めてきた市内の裁縫教室の情報提供。
・・・でも、このグループの場合、全員の条件に合わせるのは不可能だった。

みんながちょっと沈んだ雰囲気になっているところに、
一人の女性が一言。

「じゃあ、私達はこのままでいるしかないわねぇ」

はあああぁぁ、そうじゃなくてぇぇぇーーーーー・・・(´□`;)
なんか、彼女たちのために市役所やらNGOやら裁縫教室やら
マプトのミシン屋さんやらを駆け回っていろいろ調べたけど、
そりゃあ残念ながら今の彼女たちの条件には合わなかったけど、
そういう考え方をされるのが一番がっかりしてしまう・・・。

でも、じゃあどう言ってくれたら私は満足してたんだろうともふと考える。
「残念だったけど、調べてくれてありがとう」?
「条件が合うように、今度市役所にかけあってみよう」?
それとも「じゃあ今度は○○に挑戦してみましょうよ」?
でもそういう言葉を期待している時点で、それは自分勝手なことだよなぁ。
反省。

モザンビークは日本とは比べ物にならないくらい、諦めないといけないことが多い。
ちょっとした病気で子どもが亡くなってしまう。
お金がないから学校に行けない。
努力してもコネがないから仕事がない。・・・
基本的に生まれた家が裕福かどうか、血筋に有力者がいるかどうかで
一生が決まると言っていいくらいハッキリとした貧富の差が横たわっている。

彼女たちもこれまでいろんなものを諦めてきたんだろうと思う。
だから今回も、こうしてあっさり諦めたんだろう。

私が簡単に、「援助を待ってるだけじゃだめ!自分たちが考えて、
自分たちの生活を良くしていく努力をしなきゃ!」
なんて言っても、そうそう簡単に変えられるような現実じゃないんだよな。

自分の無力さと不甲斐なさと考えの至らなさにがっかり。

協力隊は民衆と同じ視点に立って、なんていうけど、まだまだ道のりは遠いようです。
っていうか、多分同じ視点になんて絶対にたどりつけないと思う。
ただ、それを想像することとか、理解しようとすることが大事なのかなと思ったり。
2010年3月22日(月)

OMM女性グループでの農業講座第2回目。
同僚2人(1人は先週とは違う人)が来てくれてのレクチャー☆

P3228261農業講座2

今日のテーマは、ニェンバ豆、ジュゴ豆、さつまいも、かぼちゃの
栽培管理について。前回より質問が出ていた。

ちなみになぜかモザンビーク南部では、「Feijão Jugo(ジュゴ豆)」のことを、
一般的に「Gergelim(ゴマ)」と呼ぶ。
もちろん農業普及員ともなるとちゃんと言い分けていますが。

最初聞いたときは、えっゴマ栽培してるの!?食べれる~♪と思ったけど、
私たちが想像するゴマじゃなくて、豆のことをそう呼んでいるだけでしたorz
なんでこんな間違ったポル語が浸透しちゃったのかナゾ(笑)
ジュゴ豆は土の中に豆ができるので、ゴマと言うよりピーナッツなんだけどな。
南部では本物の「Gergelim」はほとんど栽培されていません。
モザン北部ではゴマを栽培しているので、ちゃんと分けて呼んでいるようです。

というわけで、今回は同僚がその説明もちゃんとしてました(笑)

次回は一般的な野菜(レタスやトマト)の栽培方法についてと、
採種した種の保存方法についての講義の予定。
2010.03.22 19-4送別会
2010年3月22日(月)

今日、一番近い先輩隊次だった19年度4次隊が帰国しました。
こ、これで、私たちの隊次が最年長隊次に・・・信じられん。
モザンでは、新隊員の歓迎会はその前に到着した隊次が、
帰国隊員の送別会は、その次に帰国する隊次が企画することになってます。

というわけで、週末はマプトで送別会の幹事をやってきました。
行きのシャパ8時間、マプト滞在19時間(うち睡眠時間2時間半)、
帰りのシャパ7時間の強行スケジュールとあいなりました(笑)

送別会はドミの近くにあるタイ料理屋さんで。
隊員だけじゃなくJICA事務所の調整員や所員さん、専門家さん、
その家族などなども参加してくれ、約30人もの参加が!!スゴイ。

みんなで食事を楽しんで、シャイシャイシャイボーイズ
(シャイシャイという任地の男性隊員2人のユニット?)による歌と、
メッセージDVDの上映。

P3208246despedida19-4.jpg

モザンは国土が広く、地方隊員は送別会に出られないため、
全員からのメッセージを集めて、写真と一緒にムービーにしたもの。
今回は送別される2人ともが同居経験のある隊員だったので、
その同居をしていたOVさんたちにもメッセージをもらっていました。
ムービーも凝っていて(作ってくれたキリマネ隊員3人組に感謝♪)
歓声があがったり笑いがあったり、とってもいいムービーになっていました。

2次会はJICA専門家のご自宅へ☆
モザンとは思えないおしゃれ&くつろぎの空間でついつい長居・・・(*^^*)
JICAモザンビーク事務所はほんとアットホームな雰囲気でよかった。。
隊員もこうしてよく調整員や専門家さんのご自宅に招いてもらっています!

そのあとドミに帰ってからも、帰国する隊員さんとおしゃべりしたり
もう一回メッセージDVDを鑑賞したりしてるうちにすっかり真夜中。
みんなの「もう1泊してけばいいのに~」という魔の誘いを振りほどき、
たったの2時間半の睡眠で帰路についた次第でした・・・(笑)

バタバタの2日間でしたが、一番お世話になった隊次の送別会だっただけに、
行けてほんとによかった!(^▽^)
2010年3月19日(金)

明日明後日と1泊2日の強行スケジュールでマプトに行ってきます!
往復移動時間16時間、マプト滞在時間18時間(笑)

19年度4次隊の隊員2人の送別会、幹事頑張ります☆

ではではいってきまーす!
2010.03.17 停電
2010年3月17日(水)

配属先の州農業事務所が、ここ1週間くらいずっと昼間に停電してます。

というのも、事務所近くの家?だか店?だかが、
勝手に電線から自分の家にコードを引き込んで、
電気泥棒をしているからとかいう噂・・・。
まじか??

おかげで、だいたい9時くらいから15時くらいまでずっと停電。
ちなみに就業時間は7時半~15時半なので、ほぼずっと(笑)

パソコンで書類作成の類もできないし、エアコンもつかないし、
電気もつかなくて部屋によっては真っ暗状態。
同僚たちも「仕事ができないよー」と言って、
外に出て木陰でおしゃべりしたり、居眠りしたり、
出かけたりとぐうたらしてます。

まあ普段から仕事も少ないし、みんなだらだら仕事してるけど
停電してると輪をかけてみんなぐうたら。
そしてそれに乗じてぐうたらしている私・・・(笑)
モザンに来て、すっかり怠け癖がついてしまった。
日本社会に戻れるのか?と一抹の不安。

その後、夕方から深夜にかけて市内全体でも停電。
イニャンバネ市ではこんなに停電が長く続くことって珍しいんですが。
久しぶりのキャンドルナイト。

P3182674ろうそく

ご飯食べた後はなんにもすることがない。
PCもバッテリー切れだし、TVも見れないし、
本読もうにもろうそくじゃ暗すぎるし、寝るっきゃない。
20時就寝(笑)
2010.03.16 あと100日
2010年3月16日(火)

私の任期も残すところあと100日になりました。

私たちの隊次20年度1次隊は本来6月までが任期です。
でも現職教員で参加している同期隊員たちは、新学期に合わせてもうすぐ帰国。
ついに同期が帰国していくというのはなんか変な感じ。
一方、延長を決めた同期もいたりする。
約2ヶ月訓練を共にした仲間たちが、世界中で、それぞれの1年9ヶ月を
過ごしてきたんだなぁと思うと、時の長さと重さを感じます。

モザンにいる間にあと何ができるかな。
日本に帰ったら何をしようかな。

そんなことを交互に妄想している今日この頃。
2010年3月15日(月)

今日はOMM女性グループで、農業初心者講座。

講師はイニャンバネ市農業事務所(Zonas Verdes)の同僚に依頼。
先々週に依頼をして、先週に2回事務所に顔を出して、今朝も
「今日はほんとに来れるよね、会議とか入ってないよね?」と
しつこーく確認したおかげ(?)か、ちゃんと来てくれて一安心(笑)
しかも事務所の普及員が2人も来てくれた!

今日はとうもろこしとピーナッツの栽培についての講座。
どっちももう種まきシーズンは終わっているけど、
栽培適季の話や、栽培の仕方について、病害虫の防ぎ方、
採種した種の保存方法など、約1時間にわたって話してもらいました。

女性たちが「へえーそうなのね!」と驚いていたポイントが
いくつかあったので、主催者の私としてはよっしゃー!って感じでした。
同僚2人は女性たちの質問にも的確に答えていたし、
話し方も説得力があってよかったと思った。

やっぱりせっかくやるからには今まで知らなかったことを、
そして正しい知識を身につけて欲しい。

来週も農業講座は続きます☆
(講義を同僚にまかせて、私は楽をしているだけとも言う・・・笑)
2010年3月14日(日)

夜、なにやら庭から「ぎゅえっ」という変な声が聞こえてきた。
うちのコムギ(犬)になにかあったか!?
慌てて窓から外に向かって懐中電灯をあてる。

・・・と、コムギが尻尾をぶんぶん振っているのが見えた。

なーんだ。よかった。

次の瞬間、懐中電灯の光の中に見えたもの・・・





地面に横たわったネズミ。

と、したたった血痕。




ええ~~~~ちょっとコムギィ!!(゜Д゜;ノ)ノ


しとめちゃいましたか・・・ええ・・・そうですか・・・

ネズミの死骸なんて気持ち悪いのでそのままにしたかったけど、
このままにしておいてコムギが食い荒らしてしまうのは
もっと気持ち悪かったので、空いていたジュースパックで
おそるおそるネズミをすくい上げて、コムギの手の届かないところへ。

明日お手伝いさんに処分してもらおーっと( ̄_ ̄;)
2010.03.12 ブレスレット
2010年3月12日(金)

日本を出発する前に、大学のときのサークル仲間らからもらったブレスレット。
しばらくつけてなかったんだけど、最近再びつけはじめてから
ちょっと運気が上がってきていた。(ような気がする)

それが今日、家に帰ったとき、ブレスレットがなくなっていることに気づいた。

ええーーー!!
うそおーーーーーー!!

慌てて今日の行動を思い出してみる。

朝畑に行ったときは確かにあった。
そのあと、援助団体に立ち寄って、配属先に行って、
いったん家に帰って、市の農業事務所に行って・・・
ああ、どこまでブレスレットがあったのか思い出せない!!(><)

とりあえず最後から順にもう一度たどってみることに。

かわいい色だったし、落としてだいぶ経つのならもう誰かに
拾われててないかもしれない・・・。
私の身代わりになってくれた・・・そう思おう・・・。
半分諦め気味。

で、1箇所目。
・・・バイクを停めていた場所にはない。
はずれたとしたらきっとバイクに乗り降りするときの
グローブ着脱時だろうと思ったので、建物内には入らず。

2箇所目。
・・・バイクを停めていた場所にはない。
次の場所に行こうか、と思ったけど、ふと思いとどまって、建物内に。
警備員に「これこれこういうブレスレットを落としちゃった・・・」
ってワケを話して、歩いた順にたどろうとしたその時。

「あ!ここにブレスレットが落ちているよ!」と警備員の声。

そうーーーーーーーーー!!それーーーーーーーーーーーーー!!
よかったーーーーーーーーーーーーーー(*T□T*)

すっごい幸運でした。
1箇所目では建物内に入らずにその場を後にしたのに、
なんで2箇所目でなんとなく建物内に入って探したのか。
もし入ってなかったら今頃ブレスレットは手元に戻ってきてなかった。
ブレスレットも戻ってきたかったのかな。
なんか、不思議な力を感じてしまいました・・・。

これからはなくさないように気をつけます!
2010年3月11日(木)

今日はサルヴァサオン教会のママグループに、かまどの講習会。
最終的には16人が参加してくれました!

最初に三つ足かまどの問題点と、改良かまどのメリットを
私のぼろぼろのポル語で説明(^^;)
Avelinoが後で現地語で補足をしてくれ、理解度UP☆
P3112420説明

その後、私が説明をしながら実際に一緒に作ってみる。

P3112447一個目 P3112473一個目完成

1個目完成~!!

さらにもう一個。
今度はできるだけ、おばちゃんたちにまかせてみる。
上に乗せるレンガの位置と、セメントの補強が必要な場所だけは
口出ししたけど、それ以外はスムーズに作業が進むおばちゃんたち!
飲み込み早くて嬉しい♪

交替交替で作業をしているし、楽しそうにおしゃべりしながらやってる。
「私たちもうセメント作れるし、これから大工さんはいらないわね~~(笑)」
P3112475二個目

「3つ足かまどは常にこうやってかがんで
吹かないといけないから大変なのよー」と再現するマリアさん。
P3112517ふーふー
すごい顔になってるよー!!(笑)

みんなが頑張ってくれている間、私はおちびちゃんの写真撮影(笑)
P3112512べべ

2個目完成~~!!!(かまどだけの写真撮るの忘れちゃった・・・)
2個目は1個目よりも早く、しかもBonito(きれい)にできてみんな満足げ。
かまどが乾くのを待って、再来週あたりに料理会をしよう!ということになりました。

P3112533集合~

今日のかまどは今まで作った中で一番の出来!!!
簡単な説明と、2個のかまど作りで所要時間はトータル2時間半。
乾くのがとっても楽しみです。
2010年3月9日(火)

昨日セメントがちょっと足りなかったOMMの改良かまど。
今日こそは、とセメントを持って行って、追加。
昨日は参加できなかったーという人も手伝ってくれた。

最後に日付けと「OMM」の文字を彫りこんで、
晴れて完成~~!!(^0^)

P3097918OMMかまど仕上げ

あとは乾くのを待つのみです☆
2010年3月8日(月)

今日はAvelinoにも来てもらい、OMM女性グループで改良かまど作り。

レンガや針金をうちからバイクで持って行ったんだけど、
着いた時にはレンガが1枚割れてしまっていて、慌ててもう1往復。

私が作り方を説明をして、Avelinoが補足をするという感じ。
おばちゃんたちも代わる代わる手伝ってくれた。

P3087897OMMかまど

だがしかーし!
セメントがちょっと足りなかった・・・。
理由は、かまどの強度を上げるために小石を埋め込んだんだけど
それの量がちょっと多かった、っていうのと、
レンガのサイズが注文よりもかなり大きめに仕上がっていたため。

しょうがないので明日セメントを追加することに。

あと、実はセメントを塗り忘れちゃったところがあるということに
あとで気づいた・・・。やべ(--;)
ここは今となってはもう修復不可能なので、どうしようもない。

これまでADPPの普及員たちともコミュニティで造ってきたけど、
「これ完璧~!」っていうものを造れたためしがない!
やっぱり場数踏まないといいものは造れないのかも。
2010年2月22日(月)~23日(火)

ムクユニ村から朝一の乗り合いバスでダルエスに帰ってきて、
そのまま空港へ向かう。
Precisionという航空会社のカウンターへ行き、

「今日、ザンジバルへの便は空いてますか?」

・・・とスワヒリ語で聞いてくれたのはもちろん同期隊員ですが(笑)

4時間後の飛行機に空きがあったため、
その勢いでザンジバル島に行くことに!
すごいいきあたりばったり・・・(笑)

P2237507ザンジバル上空

でもザンジバル、行ってよかった!!
ダルエスからフライト時間片道たったの15分で別世界でした。

ストーンタウンという、石造りの家が所狭しと並び、迷路のような路地は
のんびりもしているし好奇心もくすぐられた。
なんでもアラブ系とインド系の影響が入り混じった文化らしい。
おみやげ物屋さんも充実していて、お店をひやかすのも楽しい。
イスラム教徒が95%を占めるらしく、ちょっと独特な雰囲気。

P2237428ザンジバル路地 P2237409ザンジバル路地 P2237449生活

昔ザンジバルでは奴隷貿易が盛んに行われていたそうだ。
奴隷を売買する市場があったという場所には教会が建てられていて、
奴隷が押し込まれていた地下牢や鎖なども保存されている。
雇ったガイドさんに詳しく説明を受けながらそういう旧跡を見れたのも良かった。

ちなみにザンジバル島では全島で2ヶ月以上にわたり、停電が続いていて、
ホテルやレストランの前では発電機がブーンとフル回転(笑)
でも、夜の屋台なんかは、灯油ランプで照らされて逆にいい雰囲気でした!
P2227376さとうきびジュース P2227378屋台

たったの1泊2日、20時間くらいしか滞在だったのでビーチには全然行けず
でしたが、とっても楽しめました。
こんなに面白い島ならもっとゆっくり時間を取ってくればよかった!
と思うくらい。

海に囲まれているからか、ネコもあちこちに!
猫好きにはたまりません・・・。
P2237393ねこ1 P2237406ねこ2 P2237448ねこ3
2010年2月20日(土)~22日(月)
<タンザニア・ムクユニ村編>

同期隊員で、訓練所では同じ生活班だったMさんの任地、
モロゴロ郡ムクユニ村というところに行って来た。
ダルエスサラムからモロゴロ町までバスで約4時間、乗り換えて約2時間。
乗合バスがどんどん山奥に入っていくのでかなりびびった(笑)

彼女は本当に村落隊員!!っていう生活をしていました。
外国人はほかにいないんじゃないかっていう山奥の村での生活。
P2217219ムクユニ村

村には電気もなくてソーラー発電をJICAから貸与してもらっている。
バッテリーが弱っているそうで、夜の21時ごろにはバチン・・・と
電気が切れて真っ暗になったり(笑)
P2207140まっくら P2207141だがー

一緒に村を散歩したけど、斜面を登ったり、バナナの木を
かきわけて進んだり、丸太の橋を渡ったり、まるで探検か!?という状態。
Mさんはサンダル姿だったので、私もサンダルで出てしまったんだけど
慣れてない私は靴にすべきだった・・・と後悔するほど(笑)
でも道行くMさんに、こどもたちや村人が親しげに声を
かけてくるのがとっても印象的だった!
P2207131ぴらーるしてる P2207108探検? P2217314子どもに囲まれる

初めて牛のと殺も見せてもらった。
村人は手馴れていて、あっという間に肉になってしまった。
そんなに暴れたり、声をあげたりすることもなかった。
牛にとどめを刺す役のおじいちゃん。りりしい。
P2217150おじいさん
後ろの牛の写真がちょっとリアルに写っちゃってるのでサムネイルで・・・。
お食事中の方すみません。
もちろんさっそく肉は購入してその夜おいしくいただきました。
牛さん、ありがとう。合掌。

ちょうど日曜日にある市場の日を見ることができた。
いつもは静かな村も、この日だけはすごく賑やかになるとのこと。
写真もバシバシ撮っちゃった(笑)
P2217225市場 P2217207市場

バイクタクシーに乗って、彼女の活動先を見せてもらいに行ったり。
雨が降った後の道でバイクタクシーに乗るのは最初超怖かった・・・。
だんだん慣れてきて写真を撮る余裕まで生まれましたが。
P2217221道ぐちゃぐちゃ P2217270バイク

彼女の活動はバニラ栽培農家の支援。
初めてバニラという植物を見ました!豆みたい。
P2217276バニラ P2257602バニラティー
右は商品化されたバニラティー。
モザン帰ってから他の隊員と一緒に飲みましたが、
ほんのり甘い香りがしておいしかった!!

川の堰の修復プロジェクトも手伝っている。
P2217247堰

Mさんはかなり過酷な生活環境で、本当に頑張っているなあと感心した。
彼女に比べたら私なんてぬくぬくの生活なのに、なんてしょぼい活動しか
できてないんだろう・・・とちょっと自分が情けなく感じるほどでした。

でもこうして頑張っている同期隊員の姿を見るのは、すごく嬉しかったです!
2010年2月17日(水)~19日(金)
<モザンビーク・ベイラ編>

シモイオからシャパ(乗合バス)で約3時間。
モザンビーク第2の都市、ベイラへ。
さすが大きな町で、高層の建物こそほとんどないが、
アパートや、お店や、看板がたくさん目に付き、商品や人も多い。

待っていてくれたベイラ隊員のSさんは、
「ベイラは汚いってよく言われる」と言っていたけど、
シャパ乗り場は足元に水溜りがたくさんあってぐちゃぐちゃで
衛生的な感じではなかったけど、それ以外は特に気にならなかった。

それより私は、ベイラは暑い!!と思った。
むあ~~っと、湿気があって空気が重い。
座っているだけでもじとーっと汗をかくこの感じは
イニャンバネの暑さのピークの時に似ている・・・。

到着後Sさんと、マプトみたいなおしゃれなレストランで昼食。
さすがベイラだなー☆
P2176893昼食

Sさんのアパート?は他の隊員2人と3人暮らしをしているので、広い。
お風呂&トイレが2つもあるのにはびっくり。

3人の配属先の医療学校も見学させてもらう。
古風な建物の造りだけどリフォームは綺麗にしているし、
個人的にはなんか落ち着く空間でした。

翌日、ベイラ隊員3人は仕事だったので、私は隊員の間では有名な
フラービオ(昔いた隊員の教え子だったモザン人)にベイラを案内してもらう。
フラービオは日本語を頑張って勉強していて結構しゃべれる。
最近覚えたての日本語は「ボロボロ」と「道草」だそうな(笑)
私達は日本語とポル語を混ぜながら会話をしていたので
周りのモザン人たちからしたらかなり異質な感じだったに違いない。

座礁船を見に行く。
大きな船体が、砂浜で朽ち果てようとしている姿は圧巻。

そしてベイラ駅。
これはモザンの旧500メティカイス(現在の50センターヴォ相当)硬貨の
デザインにもなっている、ちょっと変わった形の建物。
駅の中の写真を撮っていたら怒られた。エヘ。でも撮っちゃった(笑)
P2186939座礁船 P2186994駅

おしゃれなお土産屋さんがあるのもさすがベイラ!といった感じ。
値段はやっぱりそれなりに高いけど、掘り出し物がある。
ちなみにこのお店の名前が日本人的にはウケる。
「De sá」(デ・サー)←サの方にアクセントです。
P2186991でさー P2187001おみやげ P2186997ほろほろお土産
2月の国内・タンザニア旅行について、ちょっとづつ更新していきます(^0^)

2010年2月13日(土)~17(水)
<モザンビーク・シモイオ編>

まずは最初の目的地、シモイオへ。

マプト発ベイラ行きの長距離バスTCOに乗り、
マシシから約8時間でシモイオとベイラの分かれ道インショッピに到着。
ちなみに金額は1150mt(マシシ-インショッピ)でした。
他のバスに比べて値段は高いけど、その価値あり!!めちゃ快適!!
インショッピからシモイオは約1時間。

しょっぱなからハプニング(別のタイトルで書きます)に見舞われましたが、
シモイオでは短期ボランティアで戻ってきた元・19-1理数科教師の
S君にずっとお世話になりました。
噂に聞いたとおりの豪邸でびっくり。

シモイオで有名な、Cabeça de velho(おじいさんの頭)と呼ばれる山も遠くから眺める。
本当におじいさんの横顔に見える!
一応登山?もできるらしいけど、今回は時間がなくて登らず。
P2151379カベサ

そのかわりS君と一緒にジンバブエ国境の町Machipandaへ日帰り旅行。
正午前後の強い日差しの中、ひたすら散策してバテバテ(笑)
でも景色がすごく良くて、散策しがいがありました!!
P2141300国境近くの村 P2141260村
国境近くの村を散歩。民家がかわいい。

P2141298ハテナ P2141299why not
なんだ?この看板。「?」と「Why not」が表裏になってます。
思わず電話をかけたくなるような、ならないような・・・


配属先の大学や、元・配属先の中学校にも連れて行ってもらい、
生徒たちから「先生、先生」と慕われている様子を見てると、
いつものS君と違って「先生」の顔になっていて新鮮でした!
あ~先生隊員っていいなぁと思えました。

関係ないけど、S君の配属先で見かけた蟻。で、でかい・・・!!!
P2151359ありでか!

そういえば、なぞのきゅうりを食べた。いぼいぼ・・・
P2141186もやっときゅうり
皮を剥いて、ピリピリか塩をつけて食べる。
シモイオ隊員命名「もやっときゅうり」。
農業生産が盛んなシモイオ・・・さすが。

あと、私が滞在中に新隊員2人の赴任が重なったので、
配属先への赴任に一緒についていったりして。
P2161421新隊員
1年半前の自分の赴任のドキドキ感をちょっと思い出した。
新隊員の赴任風景はドナドナさながらです(笑)
2010年3月4日(木)

午後、援助団体ADPPの普及員イオネンシと、Machavenga地区で
改良かまど講習会を行ってきた。

・・・がしかーし!
イオネンシ、しっかりして!!という場面がいくつも。

忘れ物、多すぎ。

まず、セメントを塗るためのコテを持って来ていなかった!
結局今日は、私がたまたま持参していた自前のコテを使った。
私が持って来ていなかったらどうするつもりだったんだろう・・・。

さらに、セメントが割れないように強化するための針金も持って来てない!
「え、針金なんかいるの?」とか言い出すし(◎o☆;)
強度がかなーり不安だが、しょうがないのでそのまま作ることに・・・。

かまどの形が歪まないようにするためにあらかじめ
モデルのかまどから準備した型も持って来てない!
なので形は歪まないようにできるだけ慎重に指導したけど、
ちょっと自信ない・・・。

あと、作り方覚えてない!!
確かに普及員のみんなで試作したのは去年だけどさぁ・・・

「で、次はどうすんの?」

って、あんたが聞いてどうすんのさーーー!(笑)
私がいなかったらほんとどうやってやるつもりだったんでしょ。

P3047801イオネンシ
水色のシャツを着ているのがイオネンシ。

4人の女性と、イオネンシ、私の6人で、今日は4つのかまどを作成。
所要時間は約2時間半。
ちょっと不恰好なかまどになっちゃった気がするけど、
女性たちも積極的に作ってくれたのでよしとしましょう。
P3047835かまど
2010年3月3日(水)

今日、12月から注文していたレンガがようやく、よ~~~やく到着!
過去の記事参照→愚痴三連発②「言い訳」

これで来週からのかまど講習会が無事開催できます。

「(私の)旅行中には絶対届けておくから大丈夫だ」と言っていたのに
帰ってきてみたら結局届いてなかったので、月曜に、
「どーゆーこと。もう来週には使うんだけど。自分で買いにいくからもういい。」
と詰め寄ったのが効いたか。

やればできるんだったら、なんでもっと早くやらないの・・・
と思ってしまう私は日本人だなぁ。

2種類のサイズのレンガを注文していたんだけど、
そのうち1種類はサイズがちょっと違うのが出来上がっていた。orz
複雑な形でもなんでもないのに。
寸法と絵を紙に描いて渡したのに。なぜそうなる??
今から作りなおせとか言うとまた3ヶ月かかりかねないし、
そのサイズでも使えないことはないので、そのまま受け取った。

そして運んできてくれたのはいいものの、数が足りませんけど・・・。orz
胸張って「数えてきた!」っていうわりには、30個も足りませんけど・・・。
結局また明日も運んできてもらうことに。
二度手間~・・・。

レンガの注文に関してまとめると、

・注文から3ヶ月もかかってようやく受け取り。何回催促したことか。
・注文とサイズが違う。
・注文の数通りに持ってこない。

この仕事の質・・・。
ああモザンビーク(´Д`;)
2010年3月1日(月)

旅行から帰ってきて久々の活動。

NERICA米の様子を見に行くと、すでに3割くらいの穂が
鳥に食われている!!がーん( ̄□ ̄;)!!
ショック・・・がっくり肩を落としてしまった・・・。
これ以上被害が広がらないように、カセットのテープをさらに増強して張った。

そして午後はOMM(モザンビーク女性組織)のグループ活動。

今日はAvelino(私が勝手にカウンターパートと思ってる人)に
手伝ってもらって、改良かまど講習会【理論編】。
三つ足かまどの問題点を挙げてもらい、改良かまどには
どんなメリットがあるかを理解してもらった。
さらに、紙で作った模型を見せて、作るかまどをイメージしてもらう。

Avelinoとおばちゃんたちが話しているのを聞いたんだけど、
ちょうど昨日の夜、テレビで大統領夫人が改良かまどについての
番組だかコメントだかをやっていたらしい!知らなかったー見たかった!

なにはともあれ、今回はモザン人であるAvelinoがついてきてくれたおかげで
私が聞き取れないポル語の質問や意見も、
彼がうまく返答してくれたりしてすっごく助かった!!

来週の月曜日には実際にかまどを作る【実践編】をやる予定です。

P3017757.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。