上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.26 ただいまー
2010年2月26日(金)

一昨日、タンザニア旅行から帰ってきて、今マプト滞在中です。
いや~旅行はいろいろハプニングもあったけど楽しかった♪
旅行についてはまたゆっくり。

本当は明日イニャンバネに帰る予定だったのですが、
仕立て屋に出していた服を受け取り損ねてしまったので、
明後日帰ることにしました。

あー現実に戻りたくないー(´З`)
スポンサーサイト
2010年2月12日(金)

今日は忙しかった!!!!!

*8時頃*
まず朝一でネリカの畑に行く。
実習生たちの写真を(結局w)撮ってあげ、1枚ただにしてあげるから、
というエサで釣って、面倒でしんどい水やりをやってもらった(イヒ♪)
ついでに鳥避けにカセットテープを張りました。

*9時頃*
そのあと、援助団体ADPP事務所へ。
ここで育てている大豆と黒豆の様子を見て、発育のいい株を摘心。
そして所長がいたので、昨日の改良かまど料理会の様子を報告。
普及員Aliaに頼まれて描いてあげたコレラについてのイラストも預ける。

*10時頃*
配属先DPAへ。
まずは完成した改良かまどパンフレット・ビトンガ語版のプリントアウト。
ちょうど頼みごとがしたかった同僚がうろうろしていたので、依頼。
明日から休暇なので、人事課に行って書類にサイン。

*11時頃*
私のカウンターパートであるAvelinoに、先ほどプリントアウトした
かまどパンフレット5部を届けにバイクでひとっ走り。
これで私がいない間もコピーして使ってもらえるハズ。多分。

その帰り、バイクが急にエンジンストップ。
え!ついに壊れた!??
…と思ったら、単にガス欠。
ちょうど正午前後の炎天下、汗だくになりながらバイクを押してガソスタへ。
(私のバカー!でも、押していけるくらいの距離でまだよかった・・・)

*12時頃*
ガソリン給油してから、Mercado Central(マーケット)へ。
ここの知り合いのおばちゃんに、娘の中華スーパーでの職を斡旋してほしいと
頼まれていたのでとりあえず中華スーパーの友達に紹介する。
(まぁ多分難しいだろうけど・・・)

*13時頃~15時頃*
午後は、この前知り合ったおしゃべり好きで顔の広いおじさんに、
改良かまどのプロジェクトサイト候補として、教会を紹介してもらう。
今日はここの神父さんと、教会の女性グループのリーダーと顔合わせ。
用件は十数分で終わって、ここで3月にかまどを作ることに。
でも1つ質問すれば10返ってくるくらいのおしゃべり好きな彼のおかげで
1時間くらいそこで彼のおしゃべりを聞く羽目に・・・(^^;)


今日は走りまくり焦りまくりで1日中汗だくだった・・・。
いやーーーーー
物事の進まないモザンで、これだけのことをこなせた自分がすごい。
忘れていることがありそうでちょっとドキドキしますが。

明日から、2週間の休暇です!

シモイオ・ベイラと国内旅行をしてから、
来週はタンザニア旅行に行ってきまーす(*^0^*)
2010年2月11日(木)

ブログに書くのを忘れていたんですが、
先週木曜日、コミュニティ支援をしている団体ADPPの普及員Aliaと一緒に
Conguianaという地区で改良かまどを作ってきました。
こんな感じの場所です。
P2111015conguiana.jpg

材料は事前に4基分を搬入していました。
その時は10人以上の人が集まって、2基作成。
前回の雰囲気はこんな感じ↓
P2030850かまど作り P2030852かまど


・・・で、今日はそのかまどを使って調理をしてみよう!会でした。

朝Aliaと待ち合わせをして、いざ、Conguianaへ。
そしたらなんと!
4基のかまどが並んでいるではないか!!
P2110973ずらり!
ででーん!
Aliaも「えーいつの間に!できてるとは知らなかった」とびっくり。
なんと住民たちは1回の講習会でちゃんと作り方を覚えて、
一昨日自主的に作ってくれたらしい!

で、今日は女性6人、男性3人が集まって、モザン料理の
マタパ(=キャッサバの葉っぱカレー)を作る。男性は座ってただけだけどw
もちろん私もお手伝い。
でも手つきが怪しいのか、常に笑われてました。

P2110976accidente.jpg
アクシデント発生!手が滑って海老を地面にぶちまけちゃった~~!
「えへへ」と笑いながら、拾うついでに海老の頭をもぐ、犯人。

P2110990ピラール
ピーナツと雑穀とキャッサバ粉をついてます。

P2110982ララール
ココナッツの白いところを削る。簡単そうに見えてめちゃむずい!

P2111001調理中 P2111005ちょうりちうゅ
改良かまどの調子も上々!!
女性たちも、「うん、たしかに薪が少なくて済んでる」と満足げ。
他にも現地語であーだこーだ言ってましたが、雰囲気や
時々聞き取れる単語から想像しても、評価している様子でした。
よかった~(*^0^*)

P2111020マタパ
薄茶色のものはキャッサバ粉。
これとマタパを混ぜていただく。

かまどを自主的に作ってくれてたし、実際の調理も無事にできたし、
マタパもおいしかったし、個人的に大満足でした。
2010年2月10日(水)

愚痴三連発①、②のことにイライラしながら畑へ行き、
一人で必死で草抜き。一人でやる畑仕事はまじしんどいです。
ようやく終わって、フラフラ状態でさあ帰ろうと思ってるところへ、
住み込み実習中の農業学校生が一人やってくる。

「ちょこさん、このまえみんなに写真を撮ってあげたでしょ?
あのとき私、病気で実家に帰ってていなかったの・・・。
ねえ、お願い。私の写真も撮って。お金払うから。
ね、ね、お願い。いいでしょ?」

「でもあなた今月中には実習終わって郡に帰るんでしょ?
私今週末から旅行で帰ってくるのは3月だよ。
それに現像できるのはマシシ(対岸の町)だけ。
仕事があるから平日はマシシへは行けないから今週中は無理じゃん。
どうやって受け渡すのよ。無理でしょ・・・」
(↑正直めちゃ疲れててそれどころじゃない。)

「だれかここの従業員に預けてくれたら、いつか取りにくるから。
ねーお願いよ~~~~」

「あーはいはい、考えとくから・・・」
もう体力が限界で、返事するのもしんどくて、さっさと畑をあとにしました。

たかが写真1枚と思うかもしれないけど、今日初対面の彼女のためだけに
写真を撮ってあげて、彼女が欲しいものだけをUSBフラッシュに移し、
マシシへ船で渡って、写真屋さんに行って、現像するのを待って、
現像した写真をまたここまで持って来て、誰かに預けるわけでしょ?
あーーー面倒ーーー。私ってケチなのかなあ。(-_-;)

私がイラッとするモザン人の口癖は、
「Estou a pedir」=「おねがぁ~い」ってニュアンス・・・。
これ、直訳すると現在進行形の「私はお願いしています」。
なんていうか、自分のことしか考えていないような子どもっぽい
ニュアンスに聞こえてしまってどうも苦手。
普通、お願いしますは「Por favor」が丁寧な言い方なんですが・・・。

通りすがりの子どもがよく言って来るのは
「Estou a pedir mil」=「1メティカイス(約3円)ちょうだ~い」
  ※milは1000という意味なんですが、数年前にお金の桁が
   3桁切り捨てになったため。今でも慣習的に1mtのことをmilと呼ぶ。
「Estou a pedir o pão」=「パンを恵んで~」
「Estou a pedir o doce」=「キャンディーちょうだ~い」

農民がよく言ってくるのは、
「Estou a pedir a semente」=「種ちょうだいよー」←種も買えなくてどうやって農民やってんのさ。
「Estou a pedir o regadio」=「灌漑施設ちょうだい」←そんなに面積ないじゃん!

いらない商品を売りつけようとする店員は、
「Estou a pedir...」=「ねえ、頼むから買ってよ~」←じゃあいい商品を揃えろっつーの!

モザン人はとりあえず頼んでみるか、という感覚がある。
特に外国人に対してはすごく気軽に、お願~い、って言ってみる。
お願いしてもしもらえるもんならラッキー♪という感じ。
それなのに断ったら「チッ」と舌打ちされたり、逆切れされることもあって、
まったく筋の通らないお願いをされた上に、不愉快な思いまでさせられる。

普段は「Chinês!」「China!」「チンチョンチャ~ン」「アチョー!」とか言って
馬鹿にしてくるくせに、お願いすることだけはいっちょ前なので、呆れます。
2010年2月10日(水)

副業でレンガ販売を行っている同僚に、かまど用のレンガを注文しています。
それなのに、いつまで経っても受け取れない!!

注文したのは12月始め。
12月中旬になって、そろそろできた?と聞くと、
「それがねー、作ってくれてたんだけど、積み上げてたのが崩れて、
作りなおさないといけないんだ。1月まで待って」
といわれて、待ちました。
本当はJICA的には12月中に決済をしないといけない予算のものだったので
JICAにもお願いをして、次の四半期に繰越をしてもらいました。

そして1月初旬。
「いやー、最近雨が降って、なかなかレンガが乾かないんだよ」

1月下旬。
「まだできてないんだ。もうちょっと待って、来週の金曜には必ず!できるから」

2月初旬・金曜日。
約束の日、なんと同僚は出張でいなかった。電話したら、
「今日イニャンバネにいないから無理。来週の月曜日には大丈夫だから!」

2月・今週月曜日。
「それがまだできてなかったらしいんだ・・・木曜日なら大丈夫だ」

2月・今朝
私が「明日こそ本っ当に大丈夫だよね?」と念を押すと、
「ただ、問題は運ぶ予定だった車の故障なんだ。来週の月曜でどう?」

どっかーん。

「ちょっと、どんだけ待ってると思ってんの。注文したの12月だよ!?
もう待てない。来週から2週間私は休暇なんだから、受け取れないの。
これでビジネスなわけ!?ありえない!!!」

「じゃあ配属先の車で運ぼう。大丈夫だ。」

とのこと。
個人的にはひっじょーーーーに心配。
だって、配属先の車が明日空いてるかどうかなんて、車を所有している
課長や、部署の担当者に確認をしないと分からない。
彼がそれを今日、事前に確認するなんてことは絶っっっ対にないと思う。
だからって私がするのも腹立たしいからしたくない。
もう半分諦めモードです。

あ~~もう!!!どうしてたった一つのことがこんなに進まないの!?
... 続きを読む
2010年2月10日(水)

今日はむかつくことがいっぱい!!でした。
この場を借りて発散させてもらいますm(_ _)m
基本的に文句だらけなので、読んでも楽しくないかも、すみませんf(^^;)

今日は同僚とネリカ米の畑に行って、草抜きとかかし立てを行う予定でした。
朝、同僚が忘れていないか心配だったのでわざわざ
「今日いける?」とメールしたら、「もちろん!」との返事。

で、私は畑行く気マンマンで完全に畑仕事の格好をして配属先へ。

そしたら同僚は、マプトからのお客さんが来るから行けないと言い出した。
お客さんが何時に着くのか知らないし、今日は着くだけなのか
一緒にどこか視察に行くのかすら分からない、とのこと。

どうして責任者である課長に聞かないのだろう?
ま、聞いたところでどうせ課長も知らない、と言うんだろうってことは想像がつく。
どうしてモザン人はみんなそういうことを確認しないんだろう。
ある程度の時間や日程が分かっていれば、他のこともできるのに。
もし午後に着くんなら午前中には一緒に畑にいけるのに。

しかも昨日の時点で今日お客さんが来ること分かっていたのに、
今朝のメールの時点で忘れていたんだとか!
今日の予定くらい把握しといてよー、ほんとがっかり。

この同僚、前からこういうことが多い。
「一緒に畑に行って、仕事をしよう!いつでも手伝うよ!」
と威勢のいいことを言うわりには、当日になったら
「あ…この仕事を先にやらないといけないんだ」
とか、
「車がないからいけない。ドトーラ(大卒女性の敬称で、私への呼びかけ)が
シェフィ(課長)に頼んで車を手配してくれ」
とか都合のいいことばっかり言う!

一緒にやる名目になっているネリカ米の畑にだって、
彼は1回しか来たことがありません!!

悔し紛れに、
「O trabalho em Moçambique pá!Como assim?Não conseguimos NADA!」
(まったく、モザンでの仕事ってやつはどうなってんの?仕事にならない)
って言うと、同僚みんなして
「É dificil não é?」((モザンの仕事は)難しいんだよね?)
と言って笑うのがまたむかつく。
お前らのことだっつーの!笑ってる場合か。

今日も、もういいよ、と結局一人で畑仕事して来ました。
P2090965雑草
一人で雑草を抜いた畑。かかしは今日は体力的に無理。
2010年2月8日(月)

改良かまどプロジェクトに協力的なNGOメンバーであるAvelino。
いまや彼は私のカウンターパート的存在です。
(配属先ではカウンターパートと呼べる人はおらず、ほぼ単独行動ですが)
R0015738avelino.jpg

別に毎日行動を一緒にしているわけじゃないけど、
たまに彼が担当しているコミュニティでの衛生やHIV講習会に
私を連れて行ってくれたり、活動について相談したりしてるくらい。
私のよくわかんないぐちゃぐちゃなポル語を我慢強く聞いてくれて、
しかも最終的にはちゃんと理解してくれる。

今日も、約束してなかったのに配属先まで私を訪ねてきてくれて、
先週頼んでいたかまどパンフレットのビトンガ語版が翻訳できたとのこと。
   ↓こんな感じ↓
P2070888パンフ

素晴らしい・・・なんて仕事が早いんだろう!
手書きの文字は正直汚くてめっちゃ読みにくいけど、(笑)
ビトンガネイティブではない彼が、同僚や村人に聞きつつ
仕上げてくれたであろうことがよく分かる。
さらに今週中にはマツワ語版も作る、とのこと。

しかもそのあと、最近関わり始めた女性グループについて何気なく相談してみた。
裁縫を習いたいらしいんだけど、身体障害者もいて、ミシンもない。
私はお金を出せるわけでもないし、ミシンを教えられるわけでもない。
どうしたらいいんだろう・・・と。
そしたら、「去年その地区に市の裁縫教室センターができたはずだよ。
もしかしたら身体障害者を優遇してくれる制度があるかも。
今から市役所に行って、詳しい情報を聞きに行ってみようか」

!!!
でかしたAvelino~~!!

しかも一緒についてきてくれ、ちゃんと事情を説明してくれた。
責任者に会って、私がたどたどしく状況を説明するのをサポートしてくれ、
ひっじょーーにスムーズに進んだ。
裁縫の話が進むかどうかは別として、彼がいなかったら
私はいつまでたっても途方にくれていたに違いない・・・。

やっぱりモザンビーク人で協力してくれる人がいると大違い。
情報量や人のネットワーク、言葉の面ではとうてい敵わないからなぁ。
そして口だけじゃなくて、ちゃんと動いてくれる人はとても貴重な存在。
ほんと、頼りになります。
2010年2月3日(水)

ネリカ米を育てている農場に米の様子をちらっと見に行ったつもりが、
ここで働いているおばちゃんたちと、実習に来ている農業学校の生徒に
写真を撮って~とせがまれた。

まあちょっとだけなら・・・と思っていたら、
「次はここで撮るわよ~!」
「私も撮って!みんなどいて!」(←1人で写りたがるモザン人多し)
「着替えるから待って~~!」
「私は鶏小屋の中で撮りたいわ!」
「バイクのところで撮って!」
「次は私よ~!」
と次から次へと撮らされて、約1時間半・・・約60枚・・・。疲れた(笑)

そのあとで焼き増しの注文をとらされる・・・。
1枚につき10mt(約30円、ちなみに利益はナシ)で焼き増ししてあげることに。
枚数が多いので、今回は前払いにしてもらった。
モザン人は写真(自分の写真)が大好き。
いつもは「お金なーい」って言ってるくせに、今日は喜んで払ってました(^^;)

P2020759バイクと P2020783バイクと
なぜか私のバイクと一緒に撮りたがる。ヘルメットもかぶって完璧?

P2020756カウンターの上
そこ、お店のカウンターの上なんですけど・・・

P2020771接木 P2020792散霧スタイル
P2020801うさぎ P2020797ひよこ
仕事してるふりシリーズ。
写真の時だけじゃなくて、ちゃんと仕事してね。

P2020773エミリア1 P2020784エミリア2 P2020808エミリア3 P2020810エミリア4
まるでファッションショーのエミリアちゃん。一体何回着替えたん!?
(ちなみに上の仕事してるふりシリーズの、うさぎとひよこと写ってるのもエミリアです)
2010年2月3日(水)

今日モザンは「英雄の日」で祝日。
祝日にお決まりのセレモニー@広場に一応顔を出してきた。

ややや、おもしろい人発見!

P2020741フレリモマン

モザンの第一政党フレリモの歩く看板のようような彼。
背も高いし超目立ってます。

P2020739フレリモマン

ちょっと照れながら、でもポーズを決める。

カメラ持って行ってよかった~(笑)
2010年2月2日(火)

先日、同僚が何を思ったのか、
「うちの近所に何かしたいっていう女性たちがいるから会ってみない?」
と声をかけてくれたので、今日、勤務後に彼女たちに引き合わせてもらった。

4人の女性。

足が不自由なRostaとSaquinaは一緒に暮らしていて、
ココナッツオイルを作って売っている。
ちょっと物静かな印象のMariamoは、トマトやたまねぎをの小売をしている。
学校に通っているOtilhaは一番若そう。

最近頑張って勉強中のビトンガ語をしゃべると、
「あ~、ここではビトンガ語よりマツワ語をしゃべるのよ~(笑)」
がくーーーorz
せっかくビトンガ覚えた始めたところなのに~~(T_T)
幸いみんなポル語をしゃべれたからよかったけど・・・

同僚が仲介してくれて、どんなことをしたいかをいきなり話し合う。

PRA/PLAとかして、彼女たちの日常を理解して、
彼女たちのできることややりたいこと、入手しやすい資源とかを
じっくり知ってから・・・なんて勝手に村落隊員的な夢を
描いていただけに、展開の早さにちょっと焦る。

私はお金や資材を持ってくる存在ではないことも伝えました。
どうしても無理ならJICAに隊員支援経費を頼むこともできるけど、
もしそれに頼ってしまったら私が帰ったら続かなくなっちゃう。
小さいプロジェクトでいいからみんなのできる範囲で初めて、
少しずつ大きくしていって欲しい、と。
同僚もうまく言い換えてくれたりして、彼女たちも納得していた様子。

今日は初対面だったし、簡単に彼女たちの希望を聞いて
また訪問することを約束して終了。
彼女たちとどんな活動ができるだろうか。
楽しくやれるといいなぁ。わくわくする。
2010年2月1日(月)

午後、久しぶりにOMM(モザンビーク女性組織)のイニャンバネ支部で働く
女性グループとの会合。
久しぶりだったからか、今日は5人しか集まらず・・・orz
ま、しょーがないか。

3月~5月にかけてどんな活動をしたいかを話し合ったもらった。
やりたいこと、学びたいこととして出てきたのは、

・ジャム、お菓子作り
・保存食の作り方
・野菜の種の保存の仕方
・手工芸
・改良かまど
・堆肥の作り方
・健康のための体操

で、そのあと、大まかなカテゴリー(食べ物系、農業系など)に分けて、
二項対立ランキング(いわゆる総当り)で優先順位を決めてもらった。

その結果、

1位:改良かまど
2位:農業
3位:手工芸
4位:食品加工

ランク外(選ばれず):健康

という結果に。
個人的にはめっちゃ意外な結果でした。

このグループメンバーは町っ子が多いので、
食品加工とか、健康とかに興味があるのかと思ってた。
でも、かまどとか農業が上位に来るとは・・・
聞いてみないと分からないものですねえ。いい勉強になった。

そしてちょっと気になったのは、女性たちの中でも
割と地位の高い女性がだいたい最初に口を開き、
他の女性たちがその意見に追随する、という雰囲気なこと。
その女性じゃなくても、最初に誰かから出た意見に対しては
まず反対意見が出ず、そのまま満場一致になる。
もうちょっといろいろ意見を出してみんなで議論することを
期待していた私としてはやや肩透かしな感じ。

できるだけあんまりしゃべってない女性に話をふったり、
「こっちの方がいいっていう意見はない?」って確認してみたりはしたけど。
同じ建物で仕事をする彼女たちにとっては、意見の食い違いは
避けたいという思いがあるんだろうなぁ、とか、
やっぱり上の立場の女性には逆らえないよなぁ、とか想像はつく。
活発に議論をするということにも慣れていないんだろうと思う。

こういうとき、この結果で本当にいいんだろうかって迷う。
総意で選ばれた結果だけど、ほんとにみんなのニーズを表してるのかな?って。
誰か少数の人の意見に、みんなしぶしぶついてきているだけだったら?
とか考え始めるときりがないんですけどね~~

ま、とりあえず今日は人数少なかったこともあって、
わりと雑談的な感じの会合で雰囲気はよかったかな。
約1時間で会合終了~☆

来週は、今回出た希望のテーマについて、現状を話し合ってもらったり
細かい希望を聞いたりしたいと思っています。
2010年2月1日(月)

2月突入~

先週は1週間ほぼ毎日雨が降っていたので、
月曜に水やりに行った後は、ネリカ米の畑に行くのをさぼっていました(笑)

で、今日久しぶりに行ってみると・・・

えええええ!!出穂し始めてる~!!
P1310692nerica.jpg P1310699nerica.jpg

しかも昨日今日出穂した感じじゃなくない??
いつの間に・・・

庭のバケツで育てているネリカ(畑よりも半月早く植えた)は
全然出穂の気配がないので余裕ぶっこいてました。
突然のお目見えにちょっとびっくりしたけど、
やっぱり自分で育てている作物が生長するのは嬉しい!
親バカ気分です(*´∀`*)

ちなみに今日は播種してから70日目。
思わず写真を一杯撮ってしまい、カメラ電池切れ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。