上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月30日(月)

今日は月曜日恒例のOMM女性グループとの会合。
前回までに季節カレンダーを作ってもらって1月2月の生活が厳しいと分かった。

なので、今回は、
「じゃあどうやったら1月2月を苦しまないで済むか?」
のアイデアを出してもらう、ブレインストーミングをしようと思ってました。
私の思惑としては、実現可能性は置いといて、どんなアイデアでも
とりあえず出してほしかった。
いろんなアイデアを出して、「こんなこともできる、ああ、あんなこともできそう」と
希望を感じてもらえればいいなぁと思っていたので。

でも、全然盛り上がらなかった・・・。
私の説明不足、説明下手、ポル語下手っていうのもある。

「農産物を増やそうったって、土にビタミンがない(多分肥沃じゃないという意味)から作物が育たない」
「私たちには十分な畑がない」
「プロジェクトをやろうにも、そもそもお金がないじゃないか」
「そうそう、私たちには何もないのよ」

という意見が相次いで、とーっても悲しい気分になった・・・。

「今はできるかどうかはともかく、アイデアを出しましょうよ。
お金がないのなら、みんなで少しずつ持ち寄って一緒にプロジェクトをやるとか、
どうしても無理ならどこか支援してくれるところに依頼をするとか、
道を探すことができると思いませんか??
何も考えなければ、何もアイデアが出なければ、状況は何も変わりませんよ。」

と必死の説得。
あーもう逃げ出したくてたまらなかった~。
で、ファシリテーターとしてほんとはやるべきではない、ヒント出しをしてしまった・・・。
「例えば、何か商売をやるとか、節約するとか、あるでしょう?」

その後は、やっぱり私のヒントに引っ張られてしまったようで、

・卵を産むニワトリを育てる
・葦(家を作るときの建築資材)を売る
・ヤシの葉(これも建築資材)を売る
・ココナッツを売る
・薪を売る

という商売系の意見ばかりが出てきた。

でも、なぜか「ほら、あの郡で売ってる○○を買ってきてここで売るとか…」
という意見が耳に入ってくる。

うーん。どうしてモノを買って来て、ここで売るという発想になるのかしらん。
運搬コストだってかかるし、運ぶ交通手段だっていつもあるわけじゃない。
ヤシの葉、葦、ココナッツはここにもたくさんあるし、
薪だって少し郊外に行けば集められる。
自分たちで集めよう、とか何かを作って売ろう、というアイデアにはならないもんなんかね…。

そして、みんなで話し合って、連想ゲームのようにアイデアを出し合って
もらいたかったんだけど、なぜかみんな私に向かってしゃべってくる。
何度も、「私にじゃなくて、みんなに向けて意見を言ってくださいね」と
言ったものの、どうしても私の方を見てしゃべってくる。
だから、双方向の意見の出し合いじゃなくて、一方通行な感じ。

今日はみんな意見もあまり出ず、しゃべらない人はずっとうつむいたまま
しぶしぶここにいます的な楽しくなさそうな雰囲気だったし、
私も悲しい気分になってたので、
ある程度意見が出終わったタイミングで今日は終了。

うーん、自分の力のなさを感じました・・・。
これからどういう風に進めていけば、彼女たちに自分たちで
アイデアを出してもらうとか、やれそうだという前向きな気持ちに
なってもらうとかできるんだろうか。
スポンサーサイト
2009年11月28日(土)

朝、バイク2台を洗車。
1台は私の、もう1台は先輩が乗ってて置いていったバイク。

途中、配属先の所長が末娘を連れてやって来て、5分ほどおしゃべり。
別に大した用もないんだけど、こうして時々ふらっとやってくるんだよなー。
気にかけてくれてるんだろうからそれは嬉しいけど、
正直ちょっと対応が面倒くさかったりして・・・。
今日はちょうどバイクを洗車してたから服もびしょびしょ、髪も乱れてただろうなあ。

基本的に彼はいつも私のタイミングが悪い時に連絡してくる。
平日も、朝、畑で一仕事してからいったんうちに帰って着替えてる時とか、
朝は配属先にいたけどお昼ごはんを食べに丁度うちに帰ってる時に限って、
「いまどこにいる?」と電話がかかってくる。
「いや、家ですけど…」と言うけど、なんかさぼってるみたいな響きだから
これを言うのは憂鬱になる。

そして電話がかかってくると大抵用件は「所長室に今すぐ来て下さい」。

で、昼食もそこそこに慌てて行ってみると、
「コンニチワ!(←ここ日本語)ちょこ、元気?」だったり、
(あ、あ、挨拶だけのためにわざわざ私を呼んだん?(・△・;))
「このスキャナどうやって使うの?」だったり、(私も知らんちゅーに)
「日本では食事を出すロボットがいるそうだね!」だったり。(どうでもいい…)

彼は悪い人じゃない、てかむしろ日本人大好きな人なんだけど、
モザン人の偉い立場の人って、自分の都合しか考えてないというか…。
時々イラっとしてしまうんだよなー…。

おっと、なんかグチになってしまった。

で、バイクのあとは、水が出てるついでにコムギのシャンプー。
今回シャンプーは2回目のコムギ。
水をかけると硬直!(笑)
あまり暴れず(というか固まってて動けない?)シャンプーさせてくれました。

体を拭いてあげて、せっかく綺麗になったところだったのに、
体がまだ濡れているのが気持ち悪かったのか、砂の中にダイブ!!
さっそくどろどろに・・・あーあ。
でも、体が完全に乾いたあとはサラサラ~♪になってた!
2009.11.27 無駄足デー
2009年11月27日(金)

市内からバイクで片道15分のADPP(援助団体)に、
人と会う約束をしていたので時間通り、11時に到着。

が、会う予定だった人はマプト出張からまだ戻っていないとのこと。
昨日には戻るって言ってたじゃんよーおいー。
予定変わったなら連絡してくれよー。

しょうがないので、いったんうちに帰宅。

そのあと、ADPPのプロジェクトで講師役をしてる人から、地域住民への
衛生セミナーが今日の14時からあると聞き、見に来てもいいよーとOKをもらった。
で、13時にはADPPをシャパ(乗り合いバス)で出たいから、それまでに来てね、
ということだったので12時半に再びADPPに到着。

が、今日のセミナーの予定時間が急遽13時からになったらしく、
「彼ならついさっき出発したよ、ほんと、ついさっきまでいたんだけど・・・」
と言われる。

置いてけぼりー。

一人で追いかけたところで絶対コミュニティーの場所分かんないし・・・。
諦めて帰宅。

今日は無駄な2往復(総走行時間:約1時間)をしてしまった・・・。
2009年11月25日(水)

またしてもバイクのタイヤがパンク!(今度は前輪)
朝、小麦とNERICAの畑に様子を見に行って、帰ってきた時に気づいた。

先週末にパンクした後輪は、月曜日に修理工を呼んで直してもらった。

今回も再び修理工に連絡して来てもらうことに。
一週間に2回もパンクで呼ぶことになるとは。

トホホ・・・

写真は修理工が修理するために、前輪だけ持って行かれた情けないバイク。
のん気な顔のコムギ・・・
R0018754バイクパンク
2009年11月23日(月)

午後、OMM女性グループの会合へ。
今日は約束の14時になっても全然集まらない・・・。
ぽつぽつやって来たので日本の話など雑談。
一人っ子政策は日本でもやってるのか?などなど(笑)

その後14:45頃になってようやく開始。

前回の続きで季節カレンダーの作成。
前回作った表を見せながら、メンバーの一人に
やったことを簡単に説明してもらったあと、
今回のテーマを思い出してもらう。テーマは、

学校のイベント、畑の仕事量、収入
 +
支出(これは私がお願いして追加してもらった)

です。要領は分かっているので、後はメンバーだけで進めてもらう。

R0018686季節カレンダー作成中

最後に、苦しいと思う月と、楽しいと思う月に、
それぞれ顔マークを貼ってもらって、どうして?と聞いてみた。そしたら、

苦しい月
★1月…12月のパーティーでお金を使い果たしてお金がない、畑仕事が多い、
    子供の新学期に向けて学用品や制服を用意しないといけない。
2月…子供の新学期なので学用品の準備、同伴など忙しい。
6月…子供の日、独立記念日があるので準備やパーティーで忙しく支出も多い。
12月…年末のパーティーの準備でとにかく仕事・支出が多い!

楽しい月
6月…子供と一緒に子供の日を祝える。野菜を売った収入がある。
★12月…年末を祝うパーティーは一番の楽しみ。

とのことでした。
中でも★が一番苦しい/楽しい月だそうです。

R0018688季節カレンダー完成

↑左が前回作ったもので、右が今回作ったもの。顔マークはすべて今日貼り付けた。

モザン人、12月のパーティーに命をかけているみたい・・・。
それで1月2月の生活が苦しくても、12月が楽しいことが最優先のようです(^^;)
あとは子供の世話にかかる仕事やお金の話もたくさん出てきました。

一番苦しい1月2月、どうすれば少しでも生活が良くなるか。

多分12月のパーティーの規模を小さくしろ、とか、節約しろ、とか言っても
これだけ楽しみにしてるんだし、1年に1度はじけられる機会だろうから、
パーティーをどうこうっていうのは無理なんだろうなあって目に見えてるし(笑)
一緒に考えて対策したいところだけど、もうすぐ12月だし今年は間に合わないかも…。

そしてこのグループ、実際はけっこう収入ある女性もいると分かってきた。
「OMMで働く、主にシングルマザーの女性たち」と聞いて始めたこの生活向上プロジェクト。
シングルマザーとは言っても、このOMMの事務所で秘書みたいな仕事をしている人も
含まれていて、普段から綺麗な服を着て、携帯も持って、車を持ってる人までいる。
本当はもっと生活に困っている女性を対象にしたかったんですが、
事前に誰がグループのメンバーかを確認せず、OMMに選出を任せてしまった私が悪いんですが・・・。
でも始めてしまった以上、少しでも役に立てるといいなあと気持ち切り替えて。
2009.11.23 NERICA米播種!
2009年11月23日(月)

ようやくNERICA米を播種できました!

本当は同僚も連れて行って一緒にやりたかったんだけど、
今日は別の仕事があるらしく、結局一人でやることになった。

たった4m×5mの育苗床とはいえ、先週の雨で水分を多く
含んだ土(一部はぐちゃぐちゃ状態)をならして条を作り、
3粒ずつの種を12.5cm間隔で植えるのは大変だったー!
一人でぜーぜー言いながら畑仕事してると、

私、モザンまで来て何やってんだろ・・・

なんてちょっと思ったりしてしまう。
もっとモザン人を巻き込まないと意味がないのになーとか。
でも同僚や他のモザン人の都合に合わせてばかりいたら全然進まないし。
特に農業だと、播種適期に播種することはとっても重要。(←うけうり)

そのへんの妥協どころが難しいです・・・。
2009.11.20 ついてない
2009年11月20日(金)

ついてない・・・。

朝から雨。
今日NERICA米を播種しようと思ってたのに~。
雨、あと1日待って欲しかった・・・。

しかも明日まで雨が続くとの天気予報。
明後日の日曜日に晴れたとしても、播種予定の場所は
日曜日は作業員もお休みだから農機具が
借りられなくて作業ができない!

でも月曜日まで待つと、また天気もわかんないし、
しかも今週せっかく整地した土地も雑草が生え始めてしまいそう・・・。

そしてバイクの後輪パンク。
昨日運転してて変な感じがして、うちに帰ってパンクに気づいた。
今朝修理工に来てほしいと頼んだけど、
結局今日はずーっと雨が止まなかったので来てくれなかった。
雨が降ってるから、バイクを修理工場まで引っ張っていくこともできなかった。
そして明日から土日・・・。
修理工も部品売ってるお店もお休み・・・。

あ~~~~もう~~~~~!!

全部月曜日まで足止めです・・・。
2009年11月19日(木)

同僚と一緒に、8月に播種した小麦を収穫してきた。

ちょうど今、配属先は郡で大々的なイベントをしてるので車不足。
でも今日はタイミングよく経済課長の車を借りることができた。
よかった~。

もー鳥に食われまくって、ほとんど実はついてないので悲しい…。
でも試験栽培なので収量とか穂数を調査しないとです。

R0018637収穫 R0018635鳥対策9月
写真左:収穫中の8月播種小麦
写真右:万全?の鳥対策(かかし、空き缶、カセットテープ、CD、ビニール袋)9月播種分小麦

今日8月播種分の収穫が終わって、
さらに9月播種分の第4回目の生育調査も行ったので、
小麦試験栽培はあと、この9月播種分の収穫を待つのみです!
ま、収穫のあとの脱穀、穂数のカウント、データ入力作業も大変なんだけど。

で、同僚がいるついでに、NERICA米を播種する予定の畑を耕すのも
手伝ってもらっちゃった(笑)
R0018633NERICA用

できれば明日にでもNERICA米の播種をしたい。
今週に入って、ついに雨季が始まったっぽいので、今が播種適期!
2009年11月18日(水)

孤児院兼幼稚園で折り紙教室(?)をやってきました。
予想はしてたけど、めちゃめちゃConfusão(混乱)~~~!(笑)

一気にたくさんの子どもには教えられないなぁと思って、
あらかじめ年長めの子達10人を選んで教え始めたんだけど、
その様子を見てたくさん子どもたちが集まって来てしまった。
しかも聞き分けの出来ない3~4歳くらいの子達まで。

で、「やりたい~」「ボクも~」「私も~」
ってな具合で、どんどん人数が増えていきました。

始まるタイミングがばらばらだからペースもまちまちで、
2種類のものを教えてたから、子どもによって作ってるものもまちまちで、
しかも年齢もばらばらだから、折るのが難しい子もいるし、
紙を折るなんて経験したことないから綺麗に折れないし、
そのうち、一人で何枚も折り紙を取ってる子もいれば、
他の子に作品を破られたと言って泣き出す子もいるし、
私は一人でてんてこ舞い。

R0018616折り紙

いやー大変だった。。。
素直でかわいいけど、子どもを相手にするのって本当に体力がいる。
正直、ちょっとこの企画をやり始めてしまったことを後悔(^^;)

来週もやることになってるんだけど、これは対策を考えないと
またしても大混乱になってしまう。うーん。がんばろう。
2009年11月16日(月)

今日は女性グループ会合2回目。
ということで、PRA(参加型農村調査法)第2弾!

「季節カレンダー」

を作ってみました。
これはテーマを決めて、月ごと、季節ごとにどういう変化があるかを調べるというもの。

女性たちに目的とやり方を説明して、他の国の例を見せ、
自分たちの生活に関わりの深いテーマを決めてもらった。

・病気
・食糧供給
・家の仕事量
・支出
・畑の仕事量
・学校行事、イベント

の6つ。
最初はなかなか意見が挙がらず焦った・・・。

でも6つやると時間もかかるので、今日はとりあえず上の3つにして、
次回に残りの3つをやることに。

10段階の数値で評価することに決めて、
「じゃあ後はみなさんで話しあってくださいね~」
と、私は輪から下がって見学し始めると、
後はみんな意見をそれぞれ言ってくれて、わりとスムーズだった!

R0018602季節カレンダー2
話し合いながら豆を使って、得点をつけていく。

やっぱり、この地でずっと生活をしている人たちの、
生活に関する経験値と知識はすごい。
10月は暑くなる時期だからこの病気が多い、とか、
5月はとうもろこしや米が収穫の時期だから食糧は多い、とか、
逆に9月は野菜も果物もあまり採れないので食糧が少ない、とか、
1月は年末年始のお祭り騒ぎの後片付けと、新学期の準備で忙しい、とか。

彼女たちにとっては普通に認識していることなんだけど、
私にとってはとても興味深い分析でした。

このカレンダーを作ることで、生活にはいろんな側面が関わっていて
常に変化していることを再認識し、それに沿っていろんな計画を立てたり
していくことの重要性をを伝えたいなあ、と思います。
って、これをポル語で伝えることが一番難しいんですが・・・。
(ワーク自体は割とスムーズに進むもんなんですけどね)
2009年11月13日(金)

他の州で活動している村落開発普及員Nちゃんの活動を見に行ってきました!
彼女の活動先はガザ州シブト郡のミレニアムビレッジというところ。

今回彼女は改良かまどの講習会を実施。
当初15人の予定が、参加希望者がどんどん増えてなんと40人に!

まずはNちゃんが現地語で挨拶をしたあと、
現在の三つ石かまどの問題点を描いたイラストを見せて、
ポル語で説明をして、カウンターパートのモザン人が現地語に通訳。
「煙たくて料理が大変!子どもも目が痛いって泣いてる!」
「薪を何回も取りにいかなくちゃいけない。子どもがまた泣いてる!」
「料理ができるのが遅い!もう14時なのに、まだできない!」
ユーモアたっぷりの表情、動きで笑いが起きる。
IMG_8260かまど1

そして、「この問題がある人は?」の問いに、みーんな手を挙げた。

じゃあ改良かまどにしたら、どんな風に解決するか、これもイラストで説明。
Nちゃん、イラストもうまくてすごく分かりやすい説明でした。天晴!

いよいよかまどの作成。
泥に水を加えて粘土を作り、団子状に丸めます。
で、板で作った枠の中に、焚き口となる木枠と、バケツを置いて、
ひたすら粘土団子を投げつけていく!
IMG_8287泥団子 IMG_8289かまど2

Nちゃん「だんなの愛人だと思って思い切り~!笑」

途中粘土が足りなくなり、急遽2口かまどから1口かまどへ変更したけど、
ちゃんと煙突となる竹も差して、かまどが完成しました!
所要時間は1時間半~2時間くらいでした。
IMG_8326かまど4 IMG_8311かまど3完成

作業の最後に、Nちゃんとおばちゃんたちは一緒に仕事歌を歌って終了。

講習会に参加したおばちゃんたちも楽しそうに作業をしていたし、
「明日にでも作りたい」という声が挙がっていたらしく、大成功だったと思う。
見に来て良かった~!
講習会の進め方の勉強にもなったし。
来週には、ブロックやセメントを使ったもっと大型のかまどを作る予定だとか。
「来週も来てくれる人は~?」の問いに、手を挙げるおばちゃんたち。
IMG_8315かまど5

Nちゃんは2年間の隊員活動を終えて、今は短期隊員として派遣されている。
戻ってきてまだ1ヶ月くらいなのに、もうかまどの講習会を成功させた!
彼女は現地語もしゃべれるし、行動力と明るさ、そして頭の回転は人一倍。
いやーほんとすごい。
私なんて1年半ここにいて、かまどの試作ばかりのらりくらりやってる。
Nちゃんの活動を見ていると、パワーももらえるし、自分の活動に焦りも感じる(笑)
私も頑張らなきゃな~!
2009.11.12 気温40℃超え
2009年11月12日(木)

ガザ州シブトにて、初めて気温40℃を体験!
今日はやたら暑いなあと思ってたら気温が40℃超えでした!

もう、何しててもうだるように暑いし、吹く風もすでに熱風。
汗が気持ち悪いから水風呂を浴びても、水がぬるい。
すぐに喉が乾いて、Refresco(コーラとかファンタとかの炭酸飲料)やら
水やらお茶やらをがぶ飲み!でもまたすぐに喉が乾く・・・の繰り返し。

R0018544温度計

40℃超えの瞬間は撮り逃してしまったものの、39.7℃。
ほんと、ありえない数字です・・・。
2009年11月9日(月)

以前から女性の収入向上・生活向上のための活動をやりたいと思っていました。

そして今日、OMM(モザン女性組織)で働く女性グループと、
初めての会合を持てました~!

今回私はメンバーと初対面だったし、彼女たち同士は知り合いだけど
グループとしてはこれまで活動したことはないとのことでした。
なのでどういう活動をするのかを決める前に、
まずは彼女たちの現状を知りたいなあと思って、
初めてPRA(参加型農村調査法)を使ってみた。

マッチ箱を家、マッチ棒を家族に見立てて、
何歳台の家族が、男女それぞれ何人いるかを調査する方法。

彼女たちは戸惑いながらも、
「あんたんとこ○歳の子でしょー、ソレじゃなくて、このマッチ棒よ!」
と助け合いながらなんとか家族を家に入れてあげることができたみたい(笑)
R0018267つまようじ選び R0018264おしり

そのあとは表に書き写して、みんなの前で発表。
一番少ない家族で3人、一番多い家族で10人でした!
この女性たちのほとんどが家族の大黒柱とのこと。
R0018276あぷれぜんたさおん R0018283表完成

さらにどこの地区に住んでいるかも分類。
思ったより広範囲に住んでて、毎日片道1時間以上歩いて通っている人も。
R0018287地区分け
ちなみにみんな井戸ではなく、きちんとした水道を家庭で使っているらしい。
うーん、OMM事務所がイニャンバネ市内なだけに、そこで働く女性も
やはりみんなCidade(市)っ子か・・・。

で、この後、
「家族が多い人と、少ない人、どういう違いがあると思う?」

と聞いてみたら、みんな口を揃えて、

「支出よ、支出。家族が多いと食べ物や学校、とにかくお金がいるの」
「家族が少ない方が断然いいわよ」

とのこと。
え~~~。まあそりゃそうだけど・・・

私「でも、でも、家族が多い方が楽しいんじゃない?」

女性たち「・・・(苦笑い)」

私「・・・(苦笑い)。うーん、じゃあ、お金以外で何か違いはある?」

女性たち「とにかく家族が多いほうが出費が多いから苦しいの!」

私「・・・。じゃあ、家族が少なくて困ることってある?」

女性たち「家族が少なかったらお金がかからないから、困ることないじゃない。
家族が少なかったら生活が楽!家族が多かったら苦しい!それだけよ。」

私「・・・。でも家族のことは好きですよねえ?」

女性たち「そりゃーねぇ、家族だから」

なんか、お金のことしか出てこなかったのがちょっと寂しかったなあ。
助け合えるとか、楽しいことや嬉しいことが多いとか言ってほしかった・・・。
私の聞き方が下手だったのか・・・?
それとも私ががよそ者だから本心を言わなかったのかな?

今回、ワーク自体はみんな協力的でスムーズですごく嬉しかった。
でも、私が最後をうまく結べずに、ちょっと尻すぼみだったのが残念・・・。
ワークについてとか会合の流れはあらかじめ考えを練ってたけど、
最後をどういう方向で締めるように持って行くか、考えが甘かったなぁ。

次は来週の月曜日。
さて、どうするかまた考えないと!!
2009.11.09 落し物
2009年11月9日(月)

うちの前の道路に落し物発見。
持ち主は困っているんじゃ…。
R0018248落し物
ナンバープレート↑
2009年11月5日(木)

今日はADPPという援助団体で、そこの普及員対象の改良かまどの講習会に参加させてもらった。

まずは改良かまどの利点について、みんなに挙げてもらう。
ここで挙がったのは、

・コストが安い(今回作るものは、1つ50mtくらい。約200円)
・材料が手に入りやすい
・薪の消費を少なくする
・子どもの火傷が減る
・鍋の汚れが少なくなる
・料理をしている人の健康のため
・熱するのが早い(熱効率が良い)
・環境に良い

というもの。
普段からいろんな分野の講習を受けて、自分で村人たちに
普及活動しているだけあって、割とすらすらと出てくる。

その後は軽食タイム!紅茶と、トマトやレタスをはさんだパンが出てきた。
まだ30分くらいしかやってないのに・・・(笑)

それからようやくかまど作りスタート!
せっかくなので写真付きで詳細に紹介します。興味ないかたは読み飛ばしてください。

(1)レンガあらかじめ水に浸けておく。
  ※レンガのサイズは、17cm×17cm×4cmを5枚。うち1枚は半分に割って使う。
R0018118水に浸けたレンガ

(2)スペースを確保してセメントを作る。1リットルの牛乳パックでセメントの粉(3杯)や砂(1.5杯)を計って入れてた。アイデア!水の量は様子を見て調整。
R0018096セメント作り

(3)4枚のレンガを立てた状態で菱形のような形に並べる。一つの角だけ、薪を入れるために隙間を空ける。指を軽く広げて親指から小指くらいの幅。
R0018101菱形

(4)(3)をくっつけるように、レンガとレンガの隙間からセメントを塗りこむ。
続いてレンガの外側全体にも軽くセメントを塗る。
R0018105隙間にセメント

(5)針金を2本用意し、レンガを補強するようにまく。
R0018109針金

(6)菱形の形になっている両端に、半分に割ったレンガを一つずつ乗せる。
  ※これが鍋を乗せる部分になる。

(7)(6)をセメントで固定し、レンガの外側全体をセメントで埋める。
  ※立ててあるレンガ同士のつなぎ目はどうしても弱いため、ここを集中的に。
R0018111セメント塗り2回目

(8)出来上がり!セメントに作成者の名前や日付けでも彫っておきましょう。
R0018116完成  R0018134名前を刻む・・・ R0018127みんなできた?

その後、みんなで昼食を食べて普及員たちはそれぞれ解散。

私のかまど作りに協力してくれている住民団体WONELELAのメンバー、アヴェリーノさんと、このADPPのかまど作りをしている代表者のアルベルトさんと一緒に、今後どうやって普及をしていくかについて相談。

ADPPでは各普及員(6~7人くらい)が担当地区を持っていて、農業とか保健とかジェンダーとかいろんな分野の講習会・普及活動を行っているらしい。
で、今年は全地区合計で300世帯でかまどを作ろうと計画していて始まったところなんだって。
でもとてもじゃないけど、全部カバーするのは無理。
だからその部分を私とWONELELAでカバーできないかということになった。

で、肝心の材料は、ADPPでは全部ADPPが用意してあげているとのこと。
そして普及員がまず住民3人にどうやってかまどを作るかを教える。
その3人は、次に同じ地域のほかの3人にそれを教えていくというシステム。
ネズミ講?(笑)

つまり村人は材料を全部用意してもらう形になる。
でも、果たしてそれでいいのか?
村人は何もしなくても援助団体がモノと技術を持って来てくれる。
できればそういう認識を植えつけたくない。
全部コストを出してもらったとしても、本当に欲しいと思ってなければ、
使わないとか、扱いが雑ですぐに破損するとかあり得るかも。

このかまどは50mtだし、村人もお金を出した方がいいんじゃないか?と聞いてみた。
でもアヴェリーノもアルベルトも
「うーん。村人にはかまどのために50mtは難しいかもね・・・
今の三つ石かまどがあるからいいや、って言うかも」と渋い顔。

そしたらピーンとひらめいた!

「じゃあ、まずは4~5人のグループでかまどを1個作ってみて、
何日かごとに各家庭に回してお試し利用してもらったらどうですかね?
で、もし「コレいい!欲しい!」ってなったら、材料費の一部、
例えば15mtとかを払ってもらって、一緒に作るとか!?
そしたら彼らは自分でお金を払って作るわけですから、
きっと責任を持ってかまどを大事に使うと思うし、
私たちは浮いたお金で、他の家庭にも普及してあげられますよね!?」

これには2人とも「あ、いいアイデアだね!」と賛成してくれた。
わーい。

ということで、こういう方式でいくことになりそうです。

とりあえずはADPPが普及先を調整してくれるそうなので、今は待ちの状態です。
さて今年度もあと2ヶ月。
12月の中旬からはみんな年末モードになるから、活動どころじゃないと思うから
正味あと1ヶ月。今年のうちにどこまで進むか!??
2009.11.01 近所の騒音
2009年11月1日(日)

今日から11月です。快晴です。
こんな日は爽やかな目覚めを・・・といきたかったんですが、
朝の5時半に、お向かいさんの家から聞こえ始めた大音量のモザンポップに起こされました。
半端ない音量。(多分本格的なオーディオセットと思われる)
早朝には聞きたくない激しいリズムとダミ声のシンガー・・・。
しかも同じ曲が何度もリピート。

なんでこんな日曜の早朝から、こんな大音量!?
ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー迷惑!!!!!

7時前まで無理やり布団の中にいたけど、あまり眠れず・・・。
最悪な目覚め。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。