上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年6月28日(日)

今週の24日と26日に、全国農民連合の人が開催する、
農民組合の人たち向けのセミナーがあったので行ってみた。
連合のマプト本部のファシリテーターと、
ゲストはマプトの農民組合から1名、
北部のカーボデルガド州の農民組合から1名。
参加してたイニャンバネ農民は約20人くらい。
テーマは

・「各農業組合の問題点、改善策の意見交換」
・「採種方法についての意見交換とデモンストレーション」
・「若者の巻き込み方、女性の組織化についての意見交換」
・「マリ視察の際の農民組合の現状について報告」


<すごかった点>

★マプトから来たファシリテーターが、コミュニティ開発の知識・技術がある!

モザン人にしてはかなりうまくファシリテートしていた。
さらに彼は参加型の手法の一つで、男女別1日の仕事の流れを
絵に描くというものを利用。人間知恵の輪もやった。
おばちゃんたちもワイワイ言いながらすごく楽しそうにやってて、
個人的には「あーやりたいと思ってたのに、先越された~!でも進め方うまい・・・。」
と、羨望とちょっと嫉妬の気持ちで眺めていました。

★種の自家採種に関して、積極的に意見交換

イニャンバネの農家の人は、できた野菜からどうやって種を取って、
どうやって保存して次の季節に植えるか、という知識があった!
虫の忌避作用のあるトウガラシやタバコを使って保存したり、
煙や灰を使ったりと、いろんな実例が挙げられていました。
でも「やったことない」「今まで知らなかった」という意見もあり。
自分たちの間で知識を交換できていうるということが
議論を白熱させ、自信になった様子だった。


<イマイチだった点>

★開始時間の大幅な遅れ・・・

まあこれはどこの国でもあることだと思うけど、
開始予定、と伝えられた時間に行くと、まだ数人しかいない。
そこからのんびり食事の準備を始め、ちらほら人が集まり始め、
ようやく始まるのは予定より2~3時間も遅い。
主催者でさえ平気な顔で遅れてくるのが当たり前。
おかげでプログラムがかなり押してしまい、十分討議できない事項多数。

★女性の参加について・・・

今回のセミナーは男女とも参加していました。女性からも活発に意見が出していた。
でも・・・ずっと外でみんなの食事の用意をしている女性たちがいた。
もしくはセミナーにいても、ちょこちょこ抜けて準備を手伝いに行ったり・・・。
男性はずっとセミナーに参加しているのに、女性は参加できる人数や
参加できる時間が少ないというのがちょっと気になりました。
ちなみに、食事を作っている女性たちは、他の参加者に振舞ったあと、
ようやく残り物で食事を済ますという感じ。ちょっとかわいそう・・・。

★問題点は挙がるけど・・・

各組合の問題点を挙げていく時間には、たくさんの意見が出た。
そのほとんどは、
・水の問題(水源から遠い、もしくは海水が入ってくる、排水が悪いなど)
・野菜の買い手がいない。
・若者がいない。
というようなもの。
時間が限られていたというのもあるけど、それについてどう解決策を考えて
いったらいいかという話し合いや手法はなされなかった。
PCMとか使えばいいのに!もったいない~~!!


私は今回のファシリテーターのような役割をしたいなぁと漠然と
思っていたので、いい勉強になりました。
私はやっぱりポル語では彼のように全然うまく伝えられないし、
ファシリテーターの人間的なキャラも重要。
面白かった反面、「あー私にはやっぱ無理かも」とちょっとへこみつつ。
でも農民が活発な意見を出している姿はちょっと感動的でした!
スポンサーサイト
2009.06.24
2009年6月23日(火)

今日は配属先の所長にプッチン。
NGOとの会合の約束をすっぽかしたのです!

昨日の午前の時点で、わざわざ確認を取って、
「明日は朝10時の会合でいいですか?」
と聞いて、
「10時ね、OK、OK」
と言っていたのに!!!

今日、10時前、NGOの人が来る前に
所長に会っておこうと思い、所長室へ。
そしたら秘書さんいわく、

「今日所長はセレモニーで○○中学校に行ってるから、
13時くらいには戻ってくると思うわよ」

「ハァ!?」

あまりにもびっくりしすぎて一瞬頭の中真っ白に。
昨日の今日で、何の連絡もなくすっぽかすって、ナニソレ!?
っていうか、ありえへん!!

あわててNGOの人に電話して弁解。
じゃあ別の日にプログラムしなおしましょう、ということに。
めちゃくちゃ情けなくて、申し訳なくて、恥ずかしくて・・・。

誰か(しかも自分の組織の外部の人)と約束してて、
もし他の予定が入った、とか行けなくなった、とかだと
連絡するもんでしょうが、普通は!!(`Д´#)
そりゃー所長ともなれば忙しいのは分かるけど、
連絡なしですっぽかすのは社会人としてありえないと思う!

しかも今日のセレモニーは「公務員の日」のセレモニーだとか。
公務員の内々のセレモニーじゃん。なんかバカバカしい・・・。

すぐに所長にメールで

「セレモニーにいるんですって?!
今日の10時と言う約束を忘れてたんですか?!
また約束し直しましょう。」

って送ったら、

「はい、セレモニーにいます。なぜなら今日は公務員の日ですから。
またプログラムを考えましょう」

というなんとも間の抜けた返事。
ごめんの一言もなしかよ~~~!!
所長は日本にも研修に行ったこともあって、
決断力もあるデキル人だと思ってたのにかなりがっかり。

約束を守る。真摯に対応する。
人間、こういう基本的な信頼関係が大事です!!
2009.06.20 もらいもの
6月19日(金)

昨日、近所の中国人に野菜をもらった。
イニャンバネにはアジア人は少ないから、
何かと仲間意識が生まれるもんです。

もらったのは、

白菜!!

空心菜!!

昨日は牛肉青菜炒めをしました(*´▽`*)

白菜はポル語で「Couve Chinês」というのは知ってたのですぐ分かった。
全然メジャーじゃないけど、一応種とかも売られている。

空心菜はモザンにないし、私も野菜として生えているのは初めて見た。
じゃあどうやって空心菜と分かったかというと、中国人が

「クーシンツァイ」

といっていたから!
発音が似ててよかった・・・(笑)
2009.06.12 篤農家の視察
6月11日(木) SNVというNGOが普及しようとしている寒冷紗ハウスでの野菜栽培。 イニャンバネでも自力で始めた篤農家、パウロさんがいます。 今日は、SNVの地域統括の人と、私の配属先の所長、 イニャンバネ市農業事務所の所長、農民組合の代表など、 大勢でパウロの寒冷紗ハウスを視察してきました。 こんなにお偉いさんが揃って見に来るというので、 パウロはすごく張り切っていた様子。 びっくりするくらい準備万端でした。 使っている肥料や資材が並べられ、それを説明したプレートまでついていた! ここまでばっちり整ってる視察は初めてかも・・・(笑) R0012233パウロ説明中 ↑並べられた資材を前に、説明するパウロ。 そして私の配属先の所長(つまり州全体の農業事務所のトップ)も 来てたから、「農業州局から寒冷紗を提供してもらった」と何度も言ってた。 すごく気を遣っている様子。 そりゃあそうだわなー。 作っているのは4種類のトマト。 土の代わりにココヤシの繊維を敷き詰めたポットで栽培しています。 このほうが土壌からの病気が軽減されるそう。 地元品種のと、外国人向けの良い品種と。 まだハウスも1基しかないので試験栽培の段階。 いいものができればレストランや外国人向けのスーパーなどへも 出荷できるかもしれないというので、期待されています。 R0012267パウロのトマト NGOも私の配属先もかなり期待しているプロジェクトなんだけど、 問題は寒冷紗ハウス導入の資金。 1基建設&資材代などトータルで、2,500ドルかかるとか。 配属先所長も、 「うちも協力しないと!」と言ってるけど、口だけにならないかなー・・・
6月5日(金)

かまどのその後を書くのをすっかり怠ってしまいました。。。

【2】のあと、何度かに分けて作業をし、
先日かまど試作が一応(?)終わった。
当初の予定とかなり形が変わってしまったけど(笑)

R0011956かまど

手前が薪を入れる焚き口。
上の丸っぽくなっているところが鍋を置くところです。
とりあえず一口かまど。

でもブロックを固めた粘土のひび割れがひどい・・・。
これじゃあすぐにぼろっと崩れてしまいそう。

ある技師いわく、、
「粘土は塗った後、2,3日後に薪を積んで火を焚かないといけない。
そうしないとこうやってひび割れてしまう。
火を焚くと硬く締まって割れなくなる。」

うーん。
粘土で作るのは手間もかかるし難しいなぁ。
さて、このあとはどうしたもんかな?
もうちょっと手を加えた方がいいのかしら。

かまど作りには興味を示してくれている組合があって、
そこはたまたま今トイレ建設中なので、
ブロックとかセメントがあるからそれを使っていいとのこと。
今度一緒に始めようと思ってるけど、
試作が手間の割りにうまくいかなかったのでちょっと不安・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。