上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月22日(日)

だいたい週末は家でごろごろひきこもりしてるんですが、
今週末はめっずらしく土日ともモザン人と約束がありました。

昨日は、同居の先輩が小麦を植えている畑で
実習をしている農業学校の子がうちに遊びに来てた。
特に何かをする、とか何かを見に来る、とかの目的ではなくて
ただうちが知りたい、ということだったので、3時間ほど
うちにいたけど、私は初対面だしちょっと気づかれした(^^;)
日本のドラマのDVDをかけて、日本では・・・という話題で間をもたせた!(笑)

で今日は、知り合いのおばちゃんちでマタパという
モザンビーク料理の作り方を教えてもらいに行ってきた!
マタパは、キャッサバの葉をすり潰して
ピーナツもすり潰して、ココナッツミルクを搾り出して、
蟹と一緒に煮込んで作るので、すーごい大変!!
RIMG8860pirar.jpg RIMG8886leite do coco
【写真左:ピーナツをすり潰しているところ】
【写真右:ココミルクを搾り出す!ピンクのシャツが私)】

10時ごろから作り始めて、ごはんにありつけたのは実に13時半!
自分では作れそうにない・・・。
朝から食べてなくておなかすいてたからおいしかった~♪
RIMG8909matapa.jpg
【写真:できたてのマタパ】
スポンサーサイト
アフリカ旅行の専門店・道祖神が主催するイベントを発見!
モザンビークの魅力をいろんな角度から紹介するようです。

モザンに通じた方々のお話や、カプラナ裁縫教室、
伝統料理シマ体験、モザンビークへの支援を行うNGOの活動報告、
旅行相談、絵画ギャラリー、現地直送ショップなどなど、
モザンビークをじっくり知れる内容もりだくさん。
元・協力隊員の方もイベントに登場するようですね。
興味のあるかたはぜひどうぞ!

期間:2月21日(土)~27日(金)
場所:東京・浜松町のアフリカンレストラン<カラバッシュ>

↓↓詳細はこちらのHPをご覧下さい↓↓
道祖神 モザンビーク・ウィーク
2月19日(木)

最近うちのネットが調子悪いので、配属先でネット中。

今JICAに提出する第2号活動報告書を書いています。
本当は12月に書いてないといけないんだけど・・・(^^;)
ちなみにJICA報告書は赴任後3ヶ月、6ヶ月、1年、1年半、2年の5回提出する必要がある。

JICAの2号報告書は、今後の活動計画表を書かないといけない。
しかも日本語と現地語の2パターン!(´Д`)
ろくな地域調査もできていないから活動地すら全く決まってないんだけど、
ないアイデアを絞りに絞ってとりあえずやってみたいことを書く(笑)

観光地での販売も視野に入れての「農産物加工」(ジャム・ジュース作り等)と、
生活改善&農産物加工の効率性を考えて「改良かまど作り」を活動の中心に据えていく予定。

予定通りにできるとは思えないけど、少し方向性が決まってきたかな!?
【鬼門!ナンプラ】

ナンプラ州の州都、ナンプラは私たちの旅においてはまさに鬼門でした・・・。
ツイてないいろんなことが起きました(笑)

その①
ナンプラへ向かうシャパは人も荷物もぎゅうぎゅう。
しかもトラックの荷台シャパだったので、日差しもガンガン。
しかも魚の日干しを大量に載せたり、客寄せをしたりでなかなか出発せず…。
普通3~4時間で着くと言われている区間で、たっぷり5時間。

その②
ナンプラの日曜市でスリに狙われる。
手に服を持って何度かぶつかってくる男の子がいて、一緒に旅行してた先輩に
「スリじゃない?」と言われ、次にぶつかってきたとき、服で隠れた手元を見てたら
ポケットにサッと伸びてきたので思わずはたきかえして何とか未遂で済んだ。

その③
キリマネに行く長距離バスのチケットを買いに行くも、翌日分はすでに売り切れ。

その④
飛行機の変更をしようと昼過ぎに空港に行ったら、17時以降にならないと
カウンターが開かないからまた来てくれと言われる。
時間通りに夕方空港に足を運ぶと、市内にある事務所でしか変更できないと言われる。
わざわざタクシー使って無駄足2回(笑)。

その⑤
市内一帯断水。ホテルは一晩中水が出ず、早朝に水を汲んで来てもらい、慎ましく水風呂。

その⑥
断水なのに下痢。

その⑦
晩ご飯を食べたレストラン、楽しみにしていたのにビールが置いてなかった・・・。

その⑧
ホテルのベッドのスプリングが最悪で沈みすぎ。腰痛い。

その⑨
お金を降ろしに行った銀行で長蛇の列。割込みしてきた女と口げんか。(←周囲の協力により勝利!)
1時間待った挙句、銀行側のシステムの不手際で手続きできないと言われる。
電話とFAXの調子がよくなかったため、口座開設支店に確認もしてもらえず。
結局あきらめて、他の銀行へ。

その⑩
軍事博物館に行きたくてタクシーに乗るも、運ちゃんが場所を知らず、市内をうろうろ。
ようやく着いたと思ったら、5分のタッチの差で閉館していた・・・。
しかも運ちゃんと値段でもめる。

その⑪
警官に身分証の提示を求められた。しかもナンプラ滞在中に3回も!
一応何もお咎め&せびられなかったので一安心・・・。
(※モザンでは身分証の記載事項に何かと文句をつけてお金をせびる腐った警官が結構たくさんいる)


【まじで最高だった場所3選】

①ゴア島

モザンビーク島から帆船で片道約1時間、灯台だけがある小さな島。
ここの海が、ほんと、びっくりするくらい澄んでいて綺麗だった!
エメラルドグリーンで、サンゴ礁が透けて見える。砂も真っ白。
旅行のパンフレットにあるような、「楽園」っていう感じ。
地上にこんな場所があるなんて!というのはこういうことか。
最高に感動!
RIMG8551goa-barco.jpg RIMG8605goa.jpg


②イボ島

北部の町ペンバからセスナで片道20分。ちなみに往復セスナ代240ドル!( ̄Д ̄∥)
ポルトガル人がモザンビークにたどり着いて、2番目に街を作った場所なんだとかで、
古い佇まいの町並みで、しかも町の規模が小さいからめちゃのんびりしてる。
イボ空港、めちゃしょぼくてかわいい(笑)
ちなみに空港からホテルまでの送迎はバイク(!)でした。
夕方散歩したときの道の雰囲気、夕焼け、すべて最高。
ただ、この島には電気がないので、夜は熱帯夜でした(^^;)
RIMG8091ibo.jpg RIMG8241ibo.jpg


③モザンビーク島

世界遺産に指定されている島で、大陸側から橋でつながっている。
ポルトガル人が最初に街を作った場所で、イボ島と同じく古い町並み。
ポルトガル支配当時の調度品を展示した博物館も面白かった。
ここも海沿いの道から見る朝日、夕日が最高!
特に朝散歩すると人も少なくてすがすがしくて気持ちよかった。
RIMG8654ilha.jpg RIMG8449ilha.jpg

こうしてよくよく思い出してみると、島ばっかり・・・(笑)
健康診断のあと、モザン北部のペンバ州、ナンプラ州、ザンベジア州を旅行してきた。
で、一昨日イニャンバネに帰って来ました!!
なので久しぶりの更新です(^^)

あちこち行ったのでまずはルートから。

1月25日(日) マプト→(飛行機)→ペンバ【ペンバ隊員宅泊】
1月26日(月) ペンバ市内・Winbiビーチ観光【ペンバ隊員宅泊】
1月27日(火) ペンバ→(セスナ)→イボ島 【ホテル泊】
1月28日(水) イボ島→(セスナ)→ペンバ 【ホテル泊】
1月29日(木) ペンバ→(長距離バス+シャパ乗継)→モザンビーク島 【ホテル泊】
1月30日(金) モザンビーク島観光 【ホテル泊】
1月31日(土) モザンビーク島+ゴア島観光 【ホテル泊】
2月1日(日)  モザンビーク等→(シャパ)→ナンプラ 【ホテル泊】
2月2日(月)  ナンプラ観光 【ホテル泊】
2月3日(火)  ナンプラ→(長距離バス)→ニコアダラ 【ニコアダラ隊員宅泊】
2月4日(水)  ニコアダラ→(シャパ)→キリマネ 【キリマネ隊員宅泊】
2月5日(木)  キリマネ観光 【ホテル泊】
2月6日(金)  キリマネ→(飛行機)→マプト

という感じ。
全部書くとすごい量になっちゃいそうなので、いくつか
テーマに分けてブログに書こうと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。