上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月26日(日)

最近は週末に裁縫をすることが多い。
カプラナという布は柄がいろいろあってかわいいので!
この前は巾着ポーチを作りました。

しかも今日は昼過ぎまで停電してたので、
テレビも見れないし、PCも充電切れたら終わりだし(^^;)
ということで、ちくちくお裁縫してました☆

今日の成果。
チャックつきのポーチ。ちゃんと裏地もついてます。
RIMG5093ポーチ

試作品のつもりだったけど、意外にいい感じ~!
さらにレベルアップを目指します!!
スポンサーサイト
10月23日(木)~24日(金)

イニャンバネ州のビランクーロ郡に、出張に行ってきました。
農業市(農機具とか種とかを安く売るイベント)の開会セレモニーが
あるというので同僚やら上司やらもこぞって借り出されていた。
私は役割があるわけではなかったので、セレモニーを見たり、
市の様子や展示品を見たり、うろうろしていただけですが(笑)
(↓)セレモニーの会場。人でいっぱい!
RIMG4987feiraセレモニー

(↓)会場近くで会ったこども。アクロバティック(笑)
RIMG4956crianca.jpg


農業市では20mtを支払うと400mt分の金券がもらえるというシステム。
その400mtの金券で、農機具や種を買うことができる。
かなりお得なシステムだと思う。
この農業市は年に1度、各郡で行っているものらしい。

ピーナツやとうもろこしの種はだいたい1kgで30~40mt(約150~200円)。
農機具だと、大きなシャベルが250mt(約1250円)くらい。
(↓)農業市の様子。
RIMG5023feira会場

そういえば会場の近くにはバオバブがたくさん生えてました!!
初バオバブにちょっと感動!(笑)
近くの小学生が実を見つけてくれて、食べてみました。
パパイヤのような形の堅い実で、割ると中に白い果実が入ってる。
なんかすっぱいヨーグルトのような味でした(・・)
RIMG5051baobabu.jpg RIMG5054バオバブの実
10月19日(日)

今日はイニャンバネ州にいる先輩隊員2人のDespedida(送別会)☆
主賓2人、イニャンバネ隊員3人+OV1人に、
隣のガザ州隊員2人も駆けつけてくれて、賑やかでした!
バーベキューと、ドラム缶を使った五右衛門風呂をした。
こっちではお風呂につかることがないから、
五右衛門風呂は想像以上に気持ちよかったー!

RIMG4762despedida.jpg

あとは、みんなから2人へのメッセージを綴じたものと、
先生隊員だった2人のために、彼らの生徒から
寄せ書きをもらったシャツなどをプレゼント。

準備をするのは大変だったけど(ぎりぎりだったし自業自得…)
Despedidaはみんな楽しんでもらえたと思います!

同じイニャンバネ隊員で、街も近かった2人だったから
2人とも同時にいなくなるのは寂しい。
彼らがいなくなったらイニャンバネ隊員は残り3人。
今のところ後輩隊員が来る予定なし!
もしかしたら私で絶滅の危機か!?(><;)

今日が楽しかった分、余計別れを実感してしまった。
彼らが帰国してもイニャンバネでの私たちの日常は
続くんだよな~、それはまだ想像できないけどね・・・。

日本に帰っても、イニャンバネのこと、私たちのことをたまには
思い出しながら、新たな日々を築いていってもらいたいです。
日本で再会とかできたらステキだな☆という楽しみもできました!
2年と1ヶ月、お疲れ様でした!!
10月16日(木)

JICAの調整員(協力隊員の手続き、要請などに関する
業務を担当をしている方)がイニャンバネ州の視察にやってきました。
対岸の町マシシにいる、もうすぐ帰国の数学教師隊員の授業を
見学しに行くというので、私も連れて行ってもらった。
他にも、同居の先輩隊員と、同期隊員の数学教師も一緒に。

以前、同じ学校で生物教師として派遣されている別の隊員の
補講風景を見せてもらったけど、今回は平日の授業。
大勢の生徒の前で、堂々と数式を説明し、生徒にも解かせ、
黒板をさらさらと書いていく姿はさすが!という感じだった。
やっぱり先生隊員って、かっこいいなぁ・・・。
RIMG4475

しかも期末テストの追試をやるということで、
そのテスト監督(!)のお手伝い(笑)
モザンの先生隊員の多くが、「テストはカンニングが多い」と
言ってるのを聞いていたから、初監督でちょっとドキドキ。
確かに堂々と後ろを振り返っている生徒が何人かいた(--;)
しかもあきらめたのか、テスト用紙を提出せずに教室を出て行く
生徒がかなり多かったのにびっくりした。
RIMG4507追試
追試テスト風景(↑)
今日のはカンニングとしては多分ましな方なんだろうけど、
それでも呆れてしまうような光景だったなー(^^;;)
カンペ作って隠す努力するんなら、勉強すればいいのに!(笑)

前回の補講見学と、今回と、
帰国する隊員2人ともの授業を見れてすごくよかった。
先輩隊員の頑張っている姿は励みになりました!!

今週末は2人の送別会@イニャンバネです☆
2008.10.14 初!編みこみ
アフリカの女性と言えば・・・

Trançar(トランサール。編みこみの意味)でしょう!!

ということで、初チャレンジしてみました!!

編みこみにもいろんな種類があるらしいんだけど、
私が今日やってみたのは、
自分の髪の毛を使って、肩にたらすように細く編みこむやり方。

RIMG4291tranccedil;ar

編みこみをした自分の姿なんて初めて見るから、
なんか気持ち悪い(笑)
頭の地肌も白いから、やっぱモザン人のようにかっこよくはならなかったorz

時間かかるとは聞いてたんやけど、
私の場合髪も長いし、量も多かったから、
1人の美容師さんがつきっきりで3時間半!!
本を持って来ればよかったと後悔。
編んでる最中は髪の毛を引っ張られるから痛かった。
途中、何気なくおなかすいたと言ったら、憐れに思ったのかお菓子くれた(笑)

ちなみにかかった費用。

ゴム代:25mt(約100円)
編みこみ代:100mt(約500円)

てか、3時間半もつきっきりで編みこみしてくれて、
たったの100mtでいいんかなぁ、って逆に思ってしまった(^^;)

さて、この編みこみ、すでにアホ毛が立ち始めてる!!(笑)
いつまでもつのやら!?
10月13日(月)

同僚が毎週月曜日に市場価格調査を行っている、と聞きつけて同行させてもらった。
今日はDPAから歩いて20分くらいのマフレイラ市場。
量り売りされている豆やトウモロコシの粉の値段をチェックしていく。
RIMG4259サインダの市場調査

この結果はまとめてマプトに送られるらしい。
全国各地でこういう調査をしているんだって。

ついでに私にいろんな野菜の名前や、売っているものを教えてくれた。
マンディオカ(キャッサバ)の葉とか、アメンドイン(ピーナッツ)の葉とか、
かぼちゃの葉とか、モザン人は結構葉っぱを食べるんだよね~。
10月11日(土)

イニャンバネの対岸の街、マシシには現在2人の隊員がいます。
でも、2人とも今月末に1ヶ月の任期延長を終えて帰国する予定。

なので今日はそのうちの1人(生物の先生)の補講の様子を
見せてもらってきました。
農業系の隊員としては、ポルトガル語で人にモノを教えるというのが
考えられないくらいすごいことに思える!

2年活動してきた先輩隊員はさすが!
生徒とのやりとりもスムーズだし、板書もうまいし、すばらしかった。
めっちゃかっこよかった!!
RIMG4187補講

もちろんこういう授業のために、何時間もかけて準備をしていると聞いた。
最初の頃はめちゃくちゃな授業だったそうだ。
それを乗り越えて、努力して、この授業スタイルを築けたというのが尊敬してしまう。
こうして見せてもらえて良かったと思った。

彼らは私がモザンに来てから初めて見送る隊次です。
しかも対岸という目と鼻の先にいて、私の歓迎会をしてくれたり、
マシシに行った時には遊びに行ったりしていた先輩たち。
私と一緒だったのはたった3ヶ月、数えられるほどしか会ってないと思うけど、
その先輩たちがいざいなくなると思うと、すごく寂しい。
2008.10.14 小麦の種まき
10月10日(金)

今日は先輩隊員のお手伝いで、小麦の種まき。
RIMG4121小麦種まき
でも私がやった仕事と言えば、種を100粒数えたくらいで
あとは横で見たり写真撮ったりしてただけ・・・(笑)
あんまり手伝った、とは言えない気もする(--;)

蒔いてる途中から雲行きが怪しくなってきて、
帰るときくらいについにすごいどしゃぶりに!

この日使ってた車はおんぼろだったので
ドアの窓ガラスがなかった!!
おかげで窓側に座ってた先輩はずぶぬれ。
しかもこの車はワイパーもなし!!
前が見えないほどの雨でワイパーなしは怖すぎ~(笑)

あんだけ雨が降って、小麦の種、大丈夫かなー。
10月8日(水)

今日は先輩隊員が同僚たちと小麦の種を蒔く、ということでお手伝い。
試験圃場に着いてさぁ今から蒔くぞ!
・・・という時になって、突然所長から電話。

「今から、Distrito de PANDA(パンダ郡)に一緒に行くぞ!」

ええぇ!?今日ぉ!?
小麦は月ごとの成長を比較する試験のために植えようとしてたから
日がずれるのは好ましくないらしいんだけど、
所長の命令ということで断れず、突然、郡へ行くことに。

なんでこんなに急なのかな~~(´`;)
モザンでは急な予定、変更、中止が日常茶飯事。
予定なんてあってないようなものです・・・。

そんなこんなで車で片道3~4時間かけて、Panda郡に行ってきました。
Panda郡は隣のガザ州の方が近いくらい、内陸の郡。
道はでっこぼっこで大変だった・・・。

Panda郡では灌漑設備を視察させてもらいました。
この灌漑はDPAで仕事をしている日本人(元JOCV)が作ったもの。
10kmに渡って水路と、いくつかの水門があって立派だった!
近くの畑も見せてもらったけどこちらも立派な野菜ができてた。
特に技術がない村落隊員にとって、こういう灌漑施設が
設計できる技術って、すごいよなぁ~~と感心しきり。
RIMG4066panda.jpg


結局家に帰ってきたのは夜の21時半くらい!
めっちゃ疲れたよ~~。腰痛い・・・。
10月6日(月)

突然配属先の所長に呼ばれて、州庁の会議室で行われた会議に参加。
前にもらった資料では会議は7日になってたのに、なぜか今日。
おかげでひざが2箇所破れたジーンズで参加するはめに。
市長とか、各機関の所長とかがスーツで並ぶ中、超ういてた私・・・ort(笑)

内容はイニャンバネでHIV患者支援・観光プロジェクトをしようとしてる組織(企業なのかも)のプレゼン。
HIV陽性の女性たちの働く場所&生きがい&栄養ある食物を手に入れる手段として農場を作るプロジェクトや、リゾート開発をして宿泊施設やゴルフ場を作る計画をしているみたい。
どうやら土地の面、資金の面で協力してほしいというような内容だったっぽい。
ゴルフ場・・・?雇用が生まれるのは分かるけど・・・なんか変なプロジェクト(--;)

午後、うちの近くのCasa de cultura(文化会館、って訳せばいいかなぁ)っていう建物の前を通りかかったら、なにやら歌声が聞こえてきた!!
好奇心でそーっと覗いてみたら、中庭みたいなところで、おばちゃんたち20人くらいとおっちゃん数人が歌の練習をしてる。
一人が私に気づいて手招きをしてくれたので、近くで見せてもらった。

どうやらはもりのパート(ソプラノとかアルトとか)も決まってるみたいで、かっこいい!
歌はモザンビークとかイニャンバネをテーマにした歌詞が入ってて、
アフリカっぽいメロディーの繰り返しと、見事にはもった歌声に私はもうめろめろ!
ずっとにやにやしてしまった(笑)
1時間で3~4曲練習してたなー。
カメラとかレコーダー持ってなかったのがめちゃ残念(><;)
毎週月曜日と木曜日に練習をしてるらしくて、次も見せてもらうことになったので
いつかその様子をアップできればなぁと思いますのでお楽しみに!!

夜、配属先の所長に誘われて、今朝のプレゼンをしてた組織の人たちと食事。
でも私は座ってただけでつまんなかった~(´`)
ポル語と英語が飛び交う中、全然話についていけず。
モザンに来てすでに3ヶ月過ぎてるけど、未だにカタコトのポル語。
ちょっと話が複雑だったり、早口の人だったりするとお手上げ(笑)
はがゆい~~~!!
10月2日、3日はイニャンバネのモルンベネ郡(Morrumbene)に行って来た。

というのも、"Conferência de Desenvolvimento do Distrito de Morrumbene"
日本語で言うと「モルンベネ郡開発会議」があったから。

農業局の所長、課長、職員数人に、私と先輩隊員も連れて行ってもらいました。
内容としては、Morrumbeneの農業・観光の現状や開発計画の説明、
MorrumbeneのPRと、資本誘致も兼ねたもの。

会議って言っても会議場なんてないから、広場にサーカスのテントみたいなのを
設置して、その中に椅子をならべた会場でした(笑)
RIMG3869kaijyo.jpg
しかもテントの色はモザンの国旗カラーの赤、緑、黄色、黒、白。
参加者に配られたおそろいのポロシャツも国旗カラー。
モザンで何かイベントがあるときはいっっっつもこの配色。
国旗の色でっていうのはいいと思うけど、なんせ色が激しい。
日本ではありえない配色&趣味なので私はいつも苦笑してしまう(笑)

ちなみに会議は私はポル語がまだまだよく理解できないので、ただ座って見てただけ(^^;)
あーもっとポル語が分かればおもしろいんだろうけど。

それよりは、同じ敷地に設けられてた産品紹介ブースと、
伝統の踊り&歌の披露のほうがおもしろかった!!

これは産品紹介ブース。
RIMG3881pr.jpg
RIMG3878arroz.jpg RIMG3886coco.jpg RIMG3890camarao.jpg
(左)コメ、(中)ココナッツ、(右)エビ

特に踊りと歌はかっこよかった。
おばちゃんグループのノリのいいはもり声、
青年グループの激しい踊り、若い女の子たちのセクシーな踊り。
すてき。ほんとすてき。
RIMG3847danca1.jpg RIMG3853danca4.jpg RIMG3849danca2.jpg

踊りは夜にもやってて、写真いっぱい撮りたかったけど
暗いし動きが早くてご覧の通りぶれまくり(笑)
RIMG3928danca3.jpg

夜ご飯は地元のおばちゃんたち手作りの伝統料理が振舞われました。
「マタパ」というキャッサバの葉を、ピーナツとココナッツと一緒に
どろっと煮込んだものとか、「ブルート」というとうもろこしの粉をココナッツと混ぜて作った
おもちみたいなおまんじゅうとか、他にもいろいろ!!
RIMG3947Mathapha.jpg RIMG3957bruto.jpg
うまかった!!思わずよくばっていろいろ食べてしまった(*^□^*)

2日目はPraia de Linga-Linga(リンガリンガ海岸)というところへ。
90kmくらい海岸線が続いてるところで、とっても綺麗。
でもここへ行くまでの道はでこぼこの砂道だったので大変でした・・・。

ちょうど漁をしているところに遭遇!
海中にしかけた網を、とにかく男手でひっぱって浜へ引き上げる!
10歳くらいにもなってないんじゃないかと思われる男の子も
大人に混じって立派に引っ張ってました。すげー。
RIMG4003pesca.jpg

私も手伝ったけど、重いし綱は手の中で滑って痛いし、ほんと重労働だなと思った。
網の中には小さい魚(イワシだと言ってた)やらカニやらがたくさん!
RIMG4006peixe.jpg
すごく貴重な経験でした。

会議と銘打って連れて行ってもらったけど、
ほとんど遊んでただけな気がする・・・(苦笑)
2008.10.01 10月の第一歩
早いもので今日から10月。
モザンビークの隊員は2次隊は0名だったので、未だに「新隊員」です(^^;)
次の3次隊が来るのが楽しみなような、焦るような(笑)

今朝は、8時くらいに市街地から歩いて40分くらいの、
畑がたくさんあるところに一人で出かけてみた。

同僚や先輩隊員がいない状態で、突然訪問して話をする、という
状況は初めてだったのでかなり緊張。
変なアジア人が怪しいポル語で話しかけて、
農民はどんな顔をするんだろう・・・相手にしてくれるのかな・・・
何を話していいのやら・・・意思疎通できるかなぁ・・・
と、かなり弱気な感じで畑の周辺をうろうろ。

そしたら目が合って手を振ってくれたおばちゃんがいたので、
近づいていってみて、「Bom dia!」と挨拶。
畑は何を育ててるのか、とか、どこで売ってるの、とか、
子供は何人いるの、とか他愛のないことをおしゃべり。
恰幅がよくて明るい感じのおばちゃんだった。
まだ畑仕事が残ってたから長時間は話せなかったけど・・・。
「次はいつ来るのか」と聞いてくれたのが嬉しかった!

他にも近くの畑のおばちゃん(モザンで畑仕事してるのはほとんど女性)に
少し話しかけたりしてると、だんだん日が高くなって暑くなってきたので
10時くらいに引き上げた。

今日の目的は…とりあえず農民と知り合っておしゃべりをすること。

自分の活動のきっかけすらまだ掴めていないから、
いつまでも事務所で座ってたらだめだよなぁと思っての行動。
小心者で人見知りな私としてはかなり腰が重かった・・・(笑)
でも、こうやって行き当たりばったりで農民としゃべって、
私に何ができるんだろう?何か意味はあるのかな。
まったくの手探り状態でしかも始まったばかり。
2年間、手探りし続けるだけで終わりそうだ~~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。