上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接会場のJICA広尾センターは、地下鉄の広尾駅から歩いて3分くらいのところ。
周りは緑いっぱい絵文字名を入力してくださいって感じでした★

1階に受付とロビーがあり、警備のおじさんもしっかりガード中フヌ
2階へ行くときには必ず入館証を提示していなければ通してもらえない!
よくここに来る、と言ってた受験者の人によると、
受付で申し出て手続きすれば、普段でも入らせてくれるそうだ。えぇ
受験を考えてる人で、協力隊員の報告書などを参考にしたい!という人は来てみるといいかもキラ

2階には図書資料室があって、ここには近年の協力隊員の
報告書(国別、さらに職種別でファイリングされている)や
協力関係の資料が置いてあって、自由に閲覧できました☆
ほかにもJICAセンターの職員さんたちのオフィスになってるみたいでした。

3階には私たちが集合した講堂や、小部屋がいくつかあるっぽかった。
4,5階は面接会場になりました。ここも小部屋がいくつもある感じ。

私が選考を受けた17日は、ちょうど帰国したばかりの隊員の
帰国後の進路についての研修がここで行われていたようです。スマイルちゃん
ひげがぼーぼーに生えてバックパックを背負った不審な人がいたりして、受験者の中ではちょっとした話題になってました(笑)
「あれって、帰国隊員さん、だよ、ねぇ・・・?汗とか
「う、うん・・・多分・・・汗とか

健康診断を受けようと廊下で待っているとき、
帰国隊員さんがたまたま前を通りかかり、
「がんばってくださいね~」と声をかけてくれた!!ポ
私も帰国隊員さんに続きたい~!ハート
スポンサーサイト
私はルートイン五反田というホテルに泊まりましたにかー!
もちろん旅行会社に勤めてるので自社商品利用です♪
京都からの往復ひかり号+1泊で23,500円キラ
安いっしょーー??にやり

五反田駅から徒歩15分と、ちょっと遠かったけど、ホテル自体はなかなかGOODでした!
というのも、ビジネスホテルなのに大浴場があるのです!!!あ
私がホテルに着いたのは23時半くらいで、すぐ大浴場に行ったんですが
だーれもいなくて、独り占め状態でした!!ハート
面接前日にゆーっくり湯船につかってリラックスできましたうさ・笑う
浴場と脱衣場も清潔な感じでよかったです♪

部屋は地下3階!え~~~やる気ないウサギ
…と思ったら建物が吹き抜けになってて、ちゃんと窓もあって地下っぽくはなかったですえぇ
部屋の広さはまぁ、普通のビジネスホテルのシングルって感じでしたが(笑)

朝食はなんと500円!安っ!
ビュッフェでしたが、なぜか油物おおし。晩御飯じゃないんだから…、って感じでした(笑)
私は白ご飯とお味噌汁と、ひじきとかサラダとか、体に優しそうなものをチョイス☆
試験中に気持ち悪くなってもだめだしおなかも八分目でうさぎ9

試験当日の朝はホテルから五反田駅までは送迎を利用しました♪

23:30チェックイン、7:45チェックアウトと滞在時間はかなり短かったけどなかなか快適なホテルでした♪
今日で2次選考の全日程が終わりましたねキラ
選考に参加したみなさん、お疲れ様でした!!あ


英語の試験は今回の募集からリスニングが追加されてました!!
TOEIC形式のリスニングが20分、
そのあと過去問と同じ形式のリーディングが45分でした。

問題数は確か全部で75問くらいだったように記憶しています。
私は最後までやって、一通り見直してちょうど位の時間でしたしかく
まだあと数問、という時に、試験官の突然の「終了…」の声が聞こえて、どきーーん!えぇとしちゃいましたが、「終了10分前です」と知らせてくれてただけでした(笑)

リスニングの英語は、聞いた瞬間、
「あっ、ちょっと癖があって聞き取りづらいかも…」と思いました。うわぁ
英語の授業とか、TOEICの試験とかの英語発音とちょっと違う感じの発音でした…。

私は問題の途中で一瞬ぼーっとしてて、1問聞いてませんでした(笑)
一回しか読まれないのであせりました~sn

最初の数問を聞いて「簡単じゃーんアップロードファイル」と思ってたら、その後「ほぇ?」と思うような問題もあってなかなかあなどれない感じでした…(笑)

リーディングはほぼ過去問と同じ感じで、英文の空欄に適切な単語を選んだり、
長文(それほど長くはない)を読んで質問に答える、というタイプの試験でした。
なんか前に見たことあるような問題もちらほら…???

私の英語の試験のできは、うーん、まぁまぁかなあ?汗とか
数問、勘のみを頼りに答えたものがあったり、後でマークミスがあったことに気づいたりしたものの、マイナス評価にはならない程度に大丈夫だったんじゃないかと思います(笑)
英語圏の派遣も希望してないしね~~。duzui涙
てか英語圏になったら困ります(笑)
面接を待ってる時間はたーっぷり!
私の場合、英語の試験が終わってから面接まで6時間ありました(笑)
その間にはチェックシートを持っていろいろとこなしていきます☆

①制服のブレザー採寸キラ

これは午前中だけ!と言われたので私はまずここの列に並びました!
ジャケットを羽織ってみてサイズをはかります。
ジャケットはオリーブ色?でしたはずかちーv
なんか郵便局員みたい?とか思いつつ、いつかまた着れる事を願ったりして☆
そしてなぜか制服は7号でOKが出る。普段は9号なのに…(・・;)
大丈夫かなぁ?太らないようにしなきゃおりょ(笑)

②身分措置の確認キラ

協力隊に合格した場合の仕事をどうするかと、希望隊次の確認。
受験者が多かったからか、村落開発は結構優先的にやってもらえました(笑)

私は当初19年4次隊(1月から訓練)か20年1次隊(4月から訓練)のどちらかで希望でした!
でも今回会場に訓練開始前の事前研修の予定日程が張り出されてて、
それによると、村落開発普及員は訓練開始の1ヶ月くらい前から、
5日間くらいの日程で数回研修があることが判明!!えぇ
それだと仕事が辞められるか不安だったので、その場で「1次隊のみ参加可」に変更しました汗とか

③健康診断キラ

①②が終わって11:30頃健康診断会場に行くと、張り紙が…
「午前の診断受付は終了しました」がーんガーン

しゃーないので、昼食後に再び会場へ。
するともうすでに結構並んでる~~~汗とか
番号札をもらっていったん待機場所の講堂に戻って、面接対策したり、
近くの受験者とおしゃべりしたり。

ようやく番号が呼ばれて健康診断へ。
上半身裸での聴診と、1次選考で提出した調書に基づいての問診。
私は生理の周期のこととか、前に治療してた腰痛のこととか聞かれました。
抜き打ちで尿検査があったりする、と聞いてたのですが特に指示されずjumee☆yippee3Ljumee☆yippee3R
ちなみに先生の傍らには「協力隊選考基準 マル秘」と書かれたファイルが…。気になるやみうち

~~~

この3つが終わってて、面接も終わったもしくは面接までまだかなり時間があるという人は、総合案内所でチェックを受けてから、1階の地球ひろばや2階の資料図書室へ行ってもいいとのことでした。
資料図書室には今までの隊員の報告書や、いろんな資料が置いてあって閲覧ができる!!

ただ、私は健康診断に手間取ってしまったので、待ち時間の間には行けずでした…。
多分行ってもばれないとは思うけど、小心者なので(笑)

あとは、待ってる間私はひたすら周りの人に話しかけてました(笑)
席の前後左右の人とか、列に並んだときの後ろの人とかアップロードファイル
だってせっかくの機会だから仲良くなって、情報交換とかしたいし、
仲間がいると心強いし、緊張もほぐれましたsn2
村落開発普及員の面接は、個人面接で1人14分でした。
この中で人物面と職種適性の両方を見られます…。
職種によっては個人面接+技術面接(or実技)に分かれてる職種もありました汗とか
入室→受験番号と名前を言う→着席して面接開始→最後に身分措置についての確認→退室、という流れでした。

面接官は全部で5人。入った瞬間威圧感に「うおぉ」と思いましたぐるぐる
A:40代後半の男性。特に質問してこなかった。
B:40歳前後の男性。履歴書を見ながら一番多く質問をしてくる。人物面を見てる…?
C:40代後半の男性。村落開発系の専門家の方かな?という感じ。数問の質問あり。
D:30代前半の女性。事務的なこと(希望隊次や仕事どうするか)の確認。
E:40代女性。質問してこないが視線は感じる!多分態度とか姿勢とか見てる…。

村落開発の選考は全日程終わってるし、私の備忘録のためにも質問内容を一部挙げます。

★開発援助に関するある議論を取り上げ、私の意見を求める質問←この時点ですでに頭の中パニック!ぐるぐる
★上記の私の答えに対するさらなる突っ込み質問アレ~
★高校時代にやっていたボランティア活動についての質問
★私が参加した国際協力に関係するインターンシップに関する質問
★海外で行ったことある国は?JOCVの活動を見たことはあるか?
★あなたの得意とする開発援助の分野は?←ないからここにいるんですがガーン(笑)
★(上記の答えの分野で)今やっているボランティアはあるか?
★要請内容を選んだ理由について
★現在の仕事でこの要請内容に活かせるポイントはあるか?

…という感じでした。
他の受験者に聞いてた話では志望動機をまず聞かれたよーって話だったのに、いきなりディープな質問から始まって、も~ほんとタジタジでした!マジですか
自分でも何言ってるかわけ分からず、とにかく答えなきゃー!って必死でしたぐるぐる
多分支離滅裂でかなり自信なさげだったんじゃないかと思います(笑)

やっぱり大学で国際協力を勉強してきてたから、その辺で厳しく見られてたのかな~汗とか
JOCVの人と会ったときの話と、履歴書でちょっと食いついてくれた瞬間があったので、その一瞬の和やかさになんとか救われた感じです・・・もきゅ(笑)

後で他の受験者の人に聞いてみたところ、
厳しかったっていう人と、和やかだったっていう人に分かれてました(^^;)

今回の面接はやっぱり勉強不足やったなと思います。
志望動機とか希望要請を選んだ理由はいえたとしても、開発援助に対する自分の意見をしっかり持ってないと、ちょっと突っ込まれただけであわわわ、ってなっちゃう。
開発援助について、もっと本を読みたい!もっと人と話したい!って思いました。
(大学時代に買った開発援助系の本、捨てるんじゃなかった…絵文字名を入力してください

今回もし落ちてたとしても、いい刺激になったな~と思います!
もちろん合格しててほしいけど、もしダメでも次回への課題ができましたしかく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。