上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.30
2010年6月30日(水)

帰国後の研修・健康診断が昨日すべて終わり、今日実家の高知に帰ります。
モザンの同期にも昨日お別れをしました。
いよいよ協力隊としてのプログラムもこれで本当に終了です。

あわせて、このブログも区切りとさせていただくつもりです。
協力隊に応募したときから今日まで約3年。
私の日常や思い、活動の悲喜こもごもをつづってきました。

2年の任期中は本当に長く感じました。
慣れない途上国での暮らしの中で、自分の無力さにはがゆい思いをする日々でした。
任期短縮して帰ってしまおうかと思うこともしばしばでした。

でも、今振り返れば、日本にいたら絶対に出会わなかったであろう人々、風景、
文化、考え方、すべてのものごとがとても貴重な2年間にしてくれたと感じています。

私の活動は、協力隊員たちの中ではレベルが低い方だっただろうと思います。
自己満足かもしれない。
私がやってきた小さな小さな活動なんて、すぐに消えてしまうかもしれない。
それでも、理解者を得て、NGOの人や村のおばちゃんたちと一緒に
一歩ずつ進んでこれたことは、私の自信にもなりました。
村のおばちゃんたちにも自信と希望を持ってもらえました。

今私は「協力隊に参加してよかった」って思える。

私の協力隊としての活動はこれで終わりですが、人生はまだまだこれから!
協力隊で経験したこと学んだことを忘れることなく、歩み続けようと思います。

任期を無事に、そして笑顔で終えられたのは、私を支えてくれたすべての人のおかげです。
アドバイス、ご指摘、そしてなにより多大な応援。本当にうれしかったです。
この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!!
ではまたいつかどこかで☆

ちょこ@羽田空港
スポンサーサイト
2010年6月29日(火)

日本に帰って、真っ先にコンビニで買った物。

・緑茶
・辛子明太子おにぎり
・アロエヨーグルト
・チロルチョコ
・どら焼き
・するめ
・カフェオレ


日本に帰って、びっくりしたことと違和感を感じたこと。

・仕事が早い上に丁寧。
・公共交通機関の中が静か。
・コンビニの明かりが眩しい!!!!
・商品が多すぎて何を選んでいいのか分からない。
・みんな綺麗な服を着ている。破れてないし、色褪せてない。
・人と距離を取れなかったりや動きの予想ができなくてぶつかる。
・歩いていて人と目が合わない。目が合っても話しかけない。
・資料、書類、ポイントカード類が多い。
・電車の中吊り広告の情報量が多い。
・日本人って肌白っ!
・携帯が薄いしデカい。
・店員の「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」にどぎまぎする。
・学生の制服が新鮮。
・トイレが綺麗、紙も常備、便座があったかい、自動で水が出る。
・お札がよれよれではない。
・電車の分刻みの運行にびっくり。
・子どもや赤ちゃんを見かける頻度が少ない。
・携帯の機能について説明する店員の話す言葉が意味不明。
・あ、お会計って自分でレジに持っていくのか…。
・機械のようなショップの定員。
・3Dテレビって何?
・この芸人、誰?

P6299373tokyo.jpg
↑写真は新宿歌舞伎町の近く。21時を過ぎても明るいしたくさんの人。


日本に帰って、感動したもの。

・生ビールの泡がクリームみたいにふわふわ!!
・何を食べてもおいしい!!(特に塩鮭、卵かけご飯、水炊き、おにぎりは最高)
・サービスの早さ、質、正確さ。
・夜歩く時に不安を感じなくても良い安全な環境。


到着後最初の1、2日はかなーり変な感じがしましたが、
週末を過ごしたことで結構慣れてきました。
この慣れる早さは、やっぱり母国なんだなー。

そしてすでにモザンビークでの日々がとても遠く感じる。

周りに人がたくさんいるのに各々が黙々と携帯をいじっていたり、
夜遅くまで明かりがともるオフィスビルや、
制服姿の小学生が電車通学する姿や、大勢の人が同じような格好をしていたり、
しょーもないニュースや話題を熱心に取り上げるワイドショーを見たりすると
ちょっと異質な国だと感じてしまうけど、やっぱりこの国は豊かで幸せな国。
たくさんのものがあって、選べて、大多数の人が何かしら仕事ができて、
自由があって、欲しいものを手に入れられる。
これはすごいことだと思う。
この国で暮らせることはとても幸せなことだと思った。
2010年6月24日(木)

20-1モザン隊、4人揃って無事に帰国しました!
ひとまず帰国したことをご報告いたします。

東京滞在中はばたばたしていますので、
落ち着いたらゆっくりブログを更新します!
2010.06.22 帰国前日
2010年6月22日(火)

いよいよ明日はモザンビークを出発する日。

今日は最後に思い残したものを食べられたので、大満足☆
Costa do solという海岸で食べられる鶏の炭火焼と、
一流ホテルPolana Serena Hotelで優雅にアフターヌーンティー、
そして今まで高くて入ったことのなかった高級ポルトガル料理店での夕食。
もう後悔なし(笑)

今は最後の荷造りと、写真や音楽データの共有でバタバタ!

2年間は長かったけど、今思えばあっという間だったかな…。
楽しいことより辛いことのほうが多かったし、
思い描いたような活動はできなかったし、
モザンビーク人に協力するどころか、助けられてばかりでした。
たくさんの人と出会い、たくさんの経験をした2年間。
明日は気持ちよくここを去ることができそうです。
今はここで出会ったすべての人に、心から感謝の気持ちでいっぱい。

明日は朝9時ごろにドミトリーを出発し、11:40に飛行機でモザンビークを出国します。
日本に帰り着くのは24日の20時すぎの予定です!
2010.06.19 隊員送別会
2010年6月19日(土)

今日は後輩隊員主催の送別会!

モザン隊員の場合は次に帰国する隊員が企画してくれます。
今回の主催隊次3人は遠い任地の人もいたにもかかわらず、
なんと自費で飛行機で駆けつけてくれる人までいて嬉しい限り!

しかも伝統ダンスグループで活動をしている隊員がいて、
彼女の任地の伝統的な踊りを事前にみんなで練習して一緒に踊りました。
こんなにたくさんのメンバーで伝統ダンス踊りまくる送別会は
モザンで初めてじゃないか!?っていう感じ。
一体感があってめっちゃ楽しかった~~☆(^0^)
私の隊次も事前に練習して踊った♪

感動的なメッセージムービーも作ってもらえ、
おもしろプレゼント&手作りプレゼントもあって、もう大大大満足な送別会!

たくさんの隊員、ボランティア調整員、JICA職員、そのご家族に
送ってもらえて嬉しかった。本当にありがとうございました!!\(^▽^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。